Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
<< 春の日帰りプログラム(5/19) | main | サマーキャンプ リーダートレーニング(6月) >>
春のファミリーキャンプ

5月25日(土)〜27日(月・祝)に春のファミリーキャンプを実施しました。

8家族31名の皆さんで天候に恵まれた新緑の美しいフロストバレーで楽しい週末を過ごしました。


 

ファミリーキャンプは基本的にはすべてのプログラムが自由参加です。

ボート、アーチェリー、キャンドルメイキングなど様々なアクティビティを楽しみました。


 


 


 

逆バンジージャンプのようなアクティビティ、フライングフィッシュにも挑戦しました。

子どもたちは不安も多く・・・みんな譲り合いながらチャレンジしましたが2歳のお子さんも飛びました!

 

写真はお父さんとお母さんのものしかありませんが、大人の皆さんにも存分に楽しんでいただけたようで良かったです。


 


 


 

引っ張るチームの皆さん。ご協力いただき、ありがとうございました!


 

今年のサマーキャンプに参加するリーダーたち7名がトレーニングに参加しており、部分的にファミリーキャンプで日本語のプログラムを担当しました。


 

みんなで自己紹介やゲーム大会、Jeorpadyというテレビ番組を真似たクイズ大会などを行いました。

「ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの州都は?」「東京-フロストバレーYMCAパートナーシップは何年に始まった?」など難易度に分かれた問題をチームで協力して答えました。


 


 


 


 


 


 


 

スモアーズも作りました。美味しいね。


 

ちょっとした時間にシーソー、ガガボール、だるまさんが転んだ、鬼ごっこなどで遊んでいました。

きょうだい、キャンプで初めて出会った友だちも遊ぶ中で自然と距離が近付いていくのがキャンプの魅力でもあります。


 


 


 


 

せっかくキャンプに来たので朝からハイキングへ出かけました。


 


 


 

今回は0歳の赤ちゃんから16歳のお姉さんまで幅広い年齢のお子さんが集まりました。

16歳のお姉さんは様々な場面でお手伝いをしてくれました。本当にありがとう。ぜひ次はリーダーとしてキャンプに来てくださいね。いつでも待っています。

 

「みんながいるから楽しい」と思える、温かい雰囲気に包まれたファミリーキャンプでした。

YMCAのキャンプにキャンパーやリーダーとして参加して育った保護者の皆さんが今回お子さんを連れてこのキャンプに参加していました。「自分が持っていた印象、良い伝統が残っていて嬉しかったです。」という言葉をいただき、励まされる思いがしました。

YMCAのキャンプは100年以上続いています。

多様な人が出会い、自然の中で人と関わり、相手を知り、自分を知り、お互いを受け入れながら成長していくことができるのがキャンプです。人に囲まれているからこそ不便なこと、我慢をしなければならないこと、譲ること、思いやりを持つこと、楽しさが何倍にもなること・・・いろいろなことを感じ、経験します。キャンプでの経験や思い出が豊かな成長につながるよう願っています。

 


 

次回のファミリーキャンプは紅葉の季節、コロンバスデーウィークエンドに実施します。

ぜひ、また遊びに来てください。

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

またキャンプで会いましょう。

| ファミリーキャンプ | 11:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE