Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
秋のファミリーキャンプ(10/11-14)

先週末のコロンバスデーウィークエンドに、秋のファミリーキャンプを実施しました。参加していただいたのは全部で8家族でした。偶然にも子どもたちたちの年齢が近く、4-5才のお子さんたちが8人、8-10才のお兄さん、お姉さんたちが6人、そしてお父さん、お母さんたちとたくさんのプログラムを楽しみました。期間中、毎日晴天に恵まれ、美しい紅葉を思う存分楽しんでいただきました。


金曜日は数家族がチェックイン。皆さん、お仕事が終わってからの運転、本当にお疲れ様でした。プログラムが本格的にスタートしたのは土曜日から。ハイキングに出かけたり、ポンドで生き物を観察したり、リンゴ狩りに行ったりと、それぞれにプログラムを楽しみました。


夕食時に皆さん揃いましたのでちょっとしたゲームの後、家族紹介の時間を持ちました。この頃はまだ緊張した面持ちの方も多かったですね。その後、みんなで小枝を拾いに行き、スモアーズを楽しみました。


夜にロッジを訪ねてみると、1つのロッジからは何やら賑やかな声が。なんと野球をしていました!(とても柔らかいボールを使っていました!)子どもたちの体力は底なしです。


もう一つのロッジはとても穏やかでした。女の子たちが折り紙を沢山作っていて、大人たちは暖炉の火を見てゆっくりと過ごされていました。



日曜日の朝は、7時からモーニングハイク。とても天気が良く、ちょうど日の出のころでしたので、高台に上がり、朝日がキラキと光りながら上がってくる様子を見に行きました。少しそれぞれに時間を持ち、「一番大切な、失いたくないもの」について考えてみました。みんなは何が思いついたでしょうか。



午前中は、東京プログラムとして「飛びリス」をご用意しました。子どもたちも、お母さんたちもお父さんたちも!スリル満点のロープスプログラムを楽しんでくれました。













Pull Team、お疲れ様でした!


その後、多くのご家族が「Low Ropes」に挑戦しました。ワイヤーや丸太などの上を渡るチャレンジで、そのチャレンジを周りのご家族が支えました。お互いを信頼し合い、支え合い、とても良い時間を過ごすことができました。










午後の時間は、ポニーライド、ホースバックライド、アーチェリー、ボートなどを、ご家族ごとのペースで楽しんでいただきました。



おやつタイムには、暖炉の火を使って焼きリンゴ、バナナボート作りに挑戦しました。お兄さんキャンパーが作り方を教えるのを手伝ってくれたり、お父さんたちが火のケアをしてくれたりと、たくさんのサポートをいただきました。



夕食後は、スポーツの秋!ということで、「アヒルホッケー」をしました。子どもたちも大人たちも夢中になって遊び、もう汗だく、息は切れ切れ。。お父さんたち、お付き合いいただいてありがとうございました。



夜にまたロッジに行ってみたら、またもや賑やかな野球ロッジと穏やかな折り紙ロッジ。折り紙ロッジではたくさんの作品が出来上がっており、お店屋さんになっていました。クオリティーが高く、とても驚きました!


最終日の午前中は、チェックアウトをしながら「焼き板作り」に挑戦。板を火であぶり、炭の部分を落とし、タオルで磨き、その後、ポスカでデザインをしました。トイレやお部屋の看板を作ったり、お名前を書いたり。皆さん、お土産が出来たと喜んでいただきました。



3日間を通して、子どもたちも大人たちもどんどん仲良くなっていきました。他の家族の子どもたちも、自分の子どものように可愛がっていただきました。家族の絆が強まり、また家族同士でお友達になることが出来たのではと思います。プログラムの準備や片付けもお手伝いいただき、またロッジ内も綺麗に使っていただき、本当にありがとうございました!

美しい紅葉シーズンはまだ続きますので、ぜひこの美しい自然を楽しむ時間を持っていただければと思っています。

月末には父と子のキャンプを実施します!目玉として野外料理(カレー作り)にチャレンジする予定です。またハロウィーンの時期になりますので、ちょっとだけ怖い「ホーンテッドトレイル」も用意しています。まだまだお申込み可能ですので、皆さんからのご連絡をお待ちしています!

<父と子の週末キャンプ>

http://www.ymcatfv.org/fall/fallfatherchild.pdf

 

| ファミリーキャンプ | 19:00 | - | -
春のファミリーキャンプ

5月25日(土)〜27日(月・祝)に春のファミリーキャンプを実施しました。

8家族31名の皆さんで天候に恵まれた新緑の美しいフロストバレーで楽しい週末を過ごしました。


 

ファミリーキャンプは基本的にはすべてのプログラムが自由参加です。

ボート、アーチェリー、キャンドルメイキングなど様々なアクティビティを楽しみました。


 


 


 

逆バンジージャンプのようなアクティビティ、フライングフィッシュにも挑戦しました。

子どもたちは不安も多く・・・みんな譲り合いながらチャレンジしましたが2歳のお子さんも飛びました!

 

写真はお父さんとお母さんのものしかありませんが、大人の皆さんにも存分に楽しんでいただけたようで良かったです。


 


 


 

引っ張るチームの皆さん。ご協力いただき、ありがとうございました!


 

今年のサマーキャンプに参加するリーダーたち7名がトレーニングに参加しており、部分的にファミリーキャンプで日本語のプログラムを担当しました。


 

みんなで自己紹介やゲーム大会、Jeorpadyというテレビ番組を真似たクイズ大会などを行いました。

「ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの州都は?」「東京-フロストバレーYMCAパートナーシップは何年に始まった?」など難易度に分かれた問題をチームで協力して答えました。


 


 


 


 


 


 


 

スモアーズも作りました。美味しいね。


 

ちょっとした時間にシーソー、ガガボール、だるまさんが転んだ、鬼ごっこなどで遊んでいました。

きょうだい、キャンプで初めて出会った友だちも遊ぶ中で自然と距離が近付いていくのがキャンプの魅力でもあります。


 


 


 


 

せっかくキャンプに来たので朝からハイキングへ出かけました。


 


 


 

今回は0歳の赤ちゃんから16歳のお姉さんまで幅広い年齢のお子さんが集まりました。

16歳のお姉さんは様々な場面でお手伝いをしてくれました。本当にありがとう。ぜひ次はリーダーとしてキャンプに来てくださいね。いつでも待っています。

 

「みんながいるから楽しい」と思える、温かい雰囲気に包まれたファミリーキャンプでした。

YMCAのキャンプにキャンパーやリーダーとして参加して育った保護者の皆さんが今回お子さんを連れてこのキャンプに参加していました。「自分が持っていた印象、良い伝統が残っていて嬉しかったです。」という言葉をいただき、励まされる思いがしました。

YMCAのキャンプは100年以上続いています。

多様な人が出会い、自然の中で人と関わり、相手を知り、自分を知り、お互いを受け入れながら成長していくことができるのがキャンプです。人に囲まれているからこそ不便なこと、我慢をしなければならないこと、譲ること、思いやりを持つこと、楽しさが何倍にもなること・・・いろいろなことを感じ、経験します。キャンプでの経験や思い出が豊かな成長につながるよう願っています。

 


 

次回のファミリーキャンプは紅葉の季節、コロンバスデーウィークエンドに実施します。

ぜひ、また遊びに来てください。

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

またキャンプで会いましょう。

| ファミリーキャンプ | 11:12 | - | -
2月ファミリーキャンプ

2月22日(金)〜24日(日)の週末にファミリーキャンプを実施しました。

3家族と8人のリーダーでアットホームな雰囲気の中、にぎやかなフロストバレーで過ごしました。

 

土曜日は一日スキーをしました。マンツーマン以上の体制で5人の子どもたちとレッスンを行いました。

スキー経験者チームは早速リフトに乗って、たくさん滑りました。


 


 


 


 


 


 


 

スキー初めてチームもマジックカーペットからレッスンスタート。

ぐんぐん上達していき、午後にはリフトに乗って転ばずに降りてこれるようになりました!


 


 


 


 


 


 

スキーをしない小さなお友だちは雪遊び。


 

お母さんとかくれんぼをしたり・・・


 

雪だるまや雪の家をたくさん作ったり・・・

雪を踏む感触を楽しんでいました。


 

夜はリーダーたちが用意したお楽しみ会です。

初日の夜はアヒルホッケー大会。2日目の夜はゲーム大会でした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

お楽しみ会の最後は冷たいアイスクリーム!


 


 


 


 

日曜日は残念ながら朝からずっと雨が降っており、スキー場へ行かずにフロストバレーで様々なアクティビティに参加して過ごしました。

アーチェリー、キャンドルメイキング、バウンスハウスなど楽しいアクティビティがたくさん!


 


 


 


 


 


 


 


 

皆さんと楽しい週末を過ごせましたこと感謝申し上げます。


 

アメリカでの子育て、いろいろと大変なこともあるかと思いますが東京-フロストバレーYMCAパートナーシップはひとつのコミュニティとして日本人家族そして子どもたちをサポートしてまいります。

美しい自然と豊かな人間関係の中で強い家族の絆、そしてたくましい子どもたちを育んでいきたいと思います。

 

季節を変えて、またフロストバレーでお会いできますこと楽しみにしています。

| ファミリーキャンプ | 22:00 | - | -
年越しファミリーキャンプ

明けましておめでとうございます。

 

12月30日〜1月1日に年越しファミリーキャンプを実施しました。

10家族、42名の皆さんと一緒に楽しく年を越すことができました。

 

大晦日と元日、2日間ともスキー場はとても空いていました。

雨の影響で雪が減ってしまい、オープンしているコースは制限されていましたが、リーダーたちとたくさん滑り、スピードが出るようになったり安定感が増していきました。

 

初めてスキーをした子どもたちも一人で転ばずに滑れるようになるなど随分上達しました。


 


 


 


 


 


 


 


 

休憩時間もみんなで一緒にいれば楽しい時間ですね。

 

大晦日の夜は皆さんで年越しゲームナイトです!

リーダーたちが考えたゲームをファミリーの皆さんで楽しみました。


 

絵を使った伝言ゲームでは「お正月」か「鏡餅」で分かれましたが、正解は「お正月」でした!


 


 


 


 


 

ゲームの後は「お正月」の歌を歌い、年越しそばを食べました。

まさかフロストバレーでそばが食べられるなんて・・・!と驚かれていました。

やはり少しでも日本のお正月を味わいたいですよね。

 

小さなお友だちも参加。たくさんのお兄さんお姉さんたちが彼の周りにはいつもいました。


 

YMCAはたくさんの人が集まる場所です。初めて会う人たちもキャンプの中で共通体験やリーダーの援助を通して仲を深めていきます。様々な人との出会いを通して、子どもたちやコミュニティがたくましく豊かに成長していくことを願っています。


 

12月のキャンプからファミリーキャンプ終了まで参加していたリーダーたちもいよいよ日本やそれぞれの場所へ帰ります。

ここに写っていないすべてのリーダーたちへ、ありがとうございました。


 

皆さん、またキャンプで会いましょう。ご参加いただき、ありがとうございました。

 

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

| ファミリーキャンプ | 18:00 | - | -
秋のファミリーキャンプ

10月5日(金)〜8日(月・祝)のコロンバスデーウィークエンドにファミリーキャンプを実施しました。

今年は紅葉が遅めでしたがフロストバレーの木々は美しく色付き始めていました。

7家族27人の皆さんとしっとり雨の降る週末、楽しい時間を過ごしました。

 

ファミリーキャンプは基本的にすべて自由参加ですが、朝7時からのモーニングハイクには多くの家族が参加しました!

日曜日の朝


月曜日の朝(背景が似てますね・・・)


 

湖でボートを漕いでいるとビーバーが!


 


 


 

この季節ならではのアップルピッキング。


 


 

みんなで拾ったリンゴを使ってジャムを作りました。

クラッカーにのせて食べると自然の甘みと素朴な味がしました。美味しかったですね。


 


 

池で生き物探し、キャンドルメイキング、クライミング、アーチェリー・・・いろいろなことにチャレンジしました。


 


 

晴れ間も見られました。ロッジの周りでみんなでスポーツをしたり、落ち葉で遊んだり。

5才から16才と幅広い年齢の子どもたちが集まりましたが、一緒に遊んでいるうちにどんどん仲良くなっていきました。


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんたちもゆっくりおしゃべりタイム。


 

最終日はみんなでフライングフィッシュに挑戦!

子どもたち、お母さんたちがビューンと飛びました。引っ張るお父さんたちは最初こそ足がもつれて転ぶこともありましたが、優しい眼差しで力強く引っ張ってくれました。


 


 

最後はありがたいことにスタッフを持ち上げてくださいました。

こんな表情ですが、恐縮しつつ心から楽しんでおります!

写真を撮ったりハーネスをつけるお手伝いをしてくださったお母さんたち、全力で引っ張ってくださったお父さんたち・リーダーたち、応援してくれた子どもたち、皆さん本当にありがとうございました!!


 

キャンプは多くの人が集まり、美しい自然の中で共通体験を積み重ねていきます。

その中で相手や自分を知り、新しい発見や普段気づかないことを感じられるのがキャンプの魅力でしょう。

夜は満天の星空を見ることもでき、「手が届きそうだね」「天の川だ!」「あれが北極星かな?」といつまでも飽きることなく星空を眺めていました。


 

またキャンプで多くの皆さんに会えることを楽しみにしています。

ご参加いただき、ありがとうございました。

| ファミリーキャンプ | 09:50 | - | -
春のファミリーキャンプ

5月26日(土)〜28日(月・祝)のメモリアルデーウィークエンドにファミリーキャンプを実施しました。

5家族18人の皆さんとしっとりと雨の降る週末でしたが、楽しい時間を過ごしました。


 


 


なんとキャンプ中に誕生日を迎えた仲間が2人!

みんなでケーキのデコレーションをしてお祝いをしました。


 


 


お誕生日おめでとうございます!


 


自然や生き物にもたくさん触れました。

朝からハイキングに出かけたり、ネイチャールームで自然のことを学んだり、池で生き物を探しました。


 


蛙・おたまじゃくし・蛙のたまご・・・たくさんいました。


 


 


 


 


アーチェリー、ボート、Tシャツ染め、キャンドルメイキングなどさまざまなアクティビティーにも挑戦しました。


どんなTシャツができたか、完成が楽しみですね!


 


お腹がすいたら暖炉でバナナボートつくりをしたり、シリアルを食べておやつタイム。


 

アメリカで人気のテレビ番組をまねして家族対抗のJeopardy大会をしました。


「日本でもっとも小さな都道府県はどこでしょうか?」「アメリカでもっとも食べられている(消費量No.1)フルーツは?」

いろいろな問題が出題されました。


 


みんなで協力をして子どもを空中へ飛ばす(!)フライングスクワローもしました。


 


 


帰る直前には晴れ間が!

3日間という短い期間でしたが、遊んでいるうちに少しずつみんなの距離が近付いていきました。

「雨が降っていても、こんなにいろいろできると思わなかった」という言葉もありましたが、フロストバレーではいつでも楽しんでもらえるよう準備をしています。

大変混雑していた週末でしたが、皆さんの温かいご理解とご協力のおかげで無事に終了しましたこと感謝を持ってご報告いたします。次回は10月の紅葉の季節、コロンバスデーウィークエンドに予定しています。

またキャンプでお会いできますこと心から楽しみにしています!


 

| ファミリーキャンプ | 01:35 | - | -
2月ファミリーキャンプ

2月23日(金)から25日(日)の週末にかけてファミリーキャンプを実施しました。

初めての家族、リピーターの家族、合計7家族で楽しい週末を過ごしました。

 

スキーが初めての子どもたちも初日にリフトに乗り、転ばず滑り降りるまで上達しました。


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スキー経験のある子どもたちはリフトやゴンドラに乗り、スピードを出す、ターンをしながら滑るなどの練習を繰り返しパラレルを目指しました。


 


 


 


 


スキー2日目は前日の雨によりゲレンデコンディションが荒れており、グリーンコースしか滑ることができませんでした。

それでも子どもたちの「滑りたい!」という気持ちは強く、ほっぺたを真っ赤にしながら楽しそうにスキーをしに出かけていきました。


 


 


 


みんな上手になりましたね。たくさん滑ることで滑走感覚が磨かれ、安定感が増します。

これからもたくさん滑ってかっこいいパラレルを目指しましょう!

ファミリーキャンプはスキーに行かなくてもフロストバレーに残って楽しいプログラムに参加することもできます。

クライミング、アーチェリー、ガガボールなどさまざまなアクティビティでたくさん体を動かしました。


 


食事をするダイニングホールはみんなが集まる場所です。

談笑したり、遊び始めたり・・・家族同士が交流したり、子ども同士が交流したり、人と人が混ざり合う場所です。

初めて出会った人たちもいつしか仲良くなるのがキャンプの不思議です。その陰には、リーダーの存在があったかもしれません。

人と人をつなぎ、友情を育むお手伝いをするのもリーダーの役割です。


 


 


 


 


今回のファミリーキャンプには8人のリーダーたちが参加しました。

東京、京都、熊本、千葉・・・日本全国からやってくるリーダーは全員がボランティアです。

リーダーたちはアメリカで文化と文化の狭間で暮らす子どもたち、家族との出会いを通して多くのことを学びました。

彼らの豊かな成長も願って、YMCAでは青年育成にも力を入れています。

2日目の夜は歌を歌ったり、ゲームをしたり、お楽しみナイトです。


 


 


家族対抗ゲームも。家族で知恵を出し合ってがんばりました。


 


 


大人対子どものジェスチャー対抗戦!これは一体なにをしているところでしょうか。


結果は9対6で子どもチームの勝利!とても面白かったですね。


最後はみんなで木とリスになって遊びました。


 


家族の温かい雰囲気に包まれて、無事に終了しましたこと感謝を持ってご報告します。


今回はあまり天気に恵まれませんでしたが、また季節を変えて美しい自然の中で皆さんとお会いできますことを心から楽しみにしています。

ありがとうございました。

| ファミリーキャンプ | 01:16 | - | -
年越しファミリースキー&ウィンターキャンプ2017-2018

皆さま

 

年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか?今年の冬は記録的な寒さですね。。気温もかなり下がりましたし、年始にはブリザードで交通網もマヒするほど・・雪や寒さでお困りだった方も多いのではと思います。そんな中ではありましたが、東京-フロストバレーYMCAパートナーシップでは、年末の子どもたち対象のスキーキャンプに引き続き、年越しのファミリースキーキャンプを実施いたしました。

あまりの寒さにキャンセルもあるかと思いましたが、定員を大きく上回る15家族、61名が参加してくださいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミリーキャンプは12/30(土)の夕方からチェックインを開始し、夕食の時に皆さんで開会式をしました。15家族中、6家族が初めてのご参加!少し緊張気味のご家族もいらっしゃいましたが、みんなで和気あいあいとファミリー紹介の時間を持ちました。その夜は、ボランティアーリーダーたちが用意した、たくさんのアクティビティーブースで楽しみました。習字や折り紙、羽子板、けん玉、将棋など、日本らしいアクティビティに、子どもたちだけではなく保護者の方々にも楽しんでいただきました。








二日目は大晦日、12月31日でした。夜はみんな揃ってレクリエーションを楽しみました。全員で楽しむゲーム、また同じロッジのご家族と協力して楽しむゲームなど、盛りだくさん!ロッジ対抗のクイズゲームでは、それぞれのロッジから代表者に出てきてもらい、知恵を絞ってもらいました!







ゲームの後は、年越しそばパーティー。フロストバレーでは中々ない、醤油のにおいが食欲をそそります!皆さん、暖かいお蕎麦に大満足でした。






12月31日、また1月1日の日中はスキーに出かけました!寒さにも負けず、どなたもフロストバレーに残ることなく、皆さん、スキー場へ出かけていきました。





寒い中ではありましたが、スキー場のコンディションは抜群でした!12月30日から稼働した新しいゴンドラに乗った子どもたちも多かったのではないでしょうか。スキー場ふもとのロッジから頂上までを高速で移動できるゴンドラは、とても快適でした!

スキーシーズンはまだまだ始まったばかり!パートナーシップでも、3月まで、子ども対象、ファミリー対象、また宿泊キャンプから日帰りキャンプまで、幅広くプログラムを用意しております。キャンセル待ちになっているプログラムもありますので、お申込みはお早目に!今年も、皆さんにとって笑顔があふれる一年でありますように。ぜひYMCAでお会いしましょう!


 

| ファミリーキャンプ | 06:34 | - | -
秋のファミリーキャンプ(コロンバスデーウィークエンド)

10月7日(土)〜9日(月・祝)でファミリーキャンプを実施しました。

気温は高く、曇り時々雨というあいにくの天気ではありましたが、2家族合計6名で楽しい週末をフロストバレーで過ごしました。


参加したお子さんはサマーキャンプにも来ていたため、会うなり「戻ってきたよー!」と。

おかえり!

 

初めて会ったはずなのに、共通の話題で意気投合。3日間ですっかり仲良くなりました。


家族で夏とは違う秋のフロストバレーを堪能したことでしょう。

森の中へハイキングに出かけたり・・・


 


馬に乗って紅葉の森の中をトレッキングしたり・・・


 


 


 


 


ペア対抗でディスクゴルフのゲームをしたり・・・

 

同点優勝!


キャンドルを作ったり・・・


 


池でサラマンダーやWater Scorpionやおたまじゃくしを見つけて、捕まえたり・・・


キャンプファイヤーの火を囲んで歌ったり、焼き芋を焼いたり・・・


メープルシュガーを採取して、作業しているシュガーハウスにも行きました。


説明を聞いた後、フロストバレーで採れたメープルシロップをいただきます。

子どもたちが参加者にメープルシロップを配るお手伝いをしてくれました!ありがとう。


夕方、湖へ行くと「あ!ビーバーだ!」

水面に少し顔を出して泳いでいました。ラッキー。


最終日に誕生日を迎えた仲間がいました。

バースデーケーキ作りをしましたが、誕生日を迎えた本人が一番よく働いていました・・・


結局、子どもたちだけでせっせと作業。大人は入れてもらえず、コーヒーを飲みながらのんびり過ごしていました。


できました〜!おいしそう。


アメリカ人のファミリーキャンプのみんなと一緒にお祝いをしました。


 


お誕生日おめでとう!


みんなでおいしくいただきました。


自然の中でたくさん遊び、動きまわり、しゃべり、笑い続けた週末でした。

家族の垣根を越えてお子さんたちに愛情を注ぎ、友情を育み、新しいことにもチャレンジしました。

キャンプは人が成長する場です。それは子どもも大人も変わらないはずです。

またキャンプで会いましょう!

| ファミリーキャンプ | 00:35 | - | -
春のファミリーキャンプ

5月27日(土)〜29日(月・祝)のメモリアルデーウィークエンドにファミリーキャンプを実施しました。

8家族、29名の皆さんと比較的涼しい週末をフロストバレーで過ごしました。


初めて会う皆さんと○×クイズ。「こう見えて空手を習っている」「家で飼っている犬はメスである」など面白い質問が続出しました!


ロッジのまわりでスモワーズ。


 


朝7時からモーニングハイクに出かけ、湖を1周しました。小さい子もよく歩きました!


ポンドスタディでは池に棲む生き物を探して捕まえました。


蛙を捕まえ大盛り上がり!


ほかにもサラマンダー、かたつむり・・・小さな生き物をたくさん見つけてじっくり観察していました。


フロストバレーでは傷付いて野生に戻れない猛禽類(Raptor)を保護しています。


大人も子どももいろいろなことにチャレンジしました!


 


 


シェルター作りに挑戦。


 


 


 


何か釣れたかな?


 


ロッジの周りでおやつ作り。あまーいバナナボートとライスクリスピーズ。


 


ミサンガ作り。集中して、根気強く取り組んでいましたね。


 

自分たちの子どもも他人の家族の子どもも関係無く、多くの大人が子どもたちに優しい愛情を注ぎ、ひとつの大きな家族のような温かい雰囲気がありました。


最終日のイブニングプログラムはみんなでキックベース大会!

ロッジごとに分かれて試合をしました。

まずは準備体操。ちょっとユニークなロボ体操をしました。


 


 


 


6-5の大変良い試合でした!


最終日はあいにくの雨でしたが、外でアクティビティをする時は弱まり予定通りプログラムを行うことができました。


 


 


 


 


この夏、サマーキャンプに参加するリーダーたちもお手伝いをしました。


美しい自然の中でたくさんの仲間たちと過ごした週末。

日々の食事や遊びを通してどんどん仲良くなっていく様子が見られました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

次回は10月の紅葉のシーズンに予定しています。

またキャンプで会いましょう。

| ファミリーキャンプ | 21:50 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE