Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
秋の日帰りプログラム(10/6)

先週末の日曜日(10/6)、毎年恒例の秋の日帰りプログラムを実施しました。子どもたち8人、YRMメンバー(中高生のお兄さん、お姉さんたち)が10人、リーダー2人と一緒に、Ward Pound Ridge Reservationに行ってきました。White Plainsからバスで30分ほど北に位置するこの公園は、このエリアで最大級の広さを誇る公園です。使用したピクニックエリアは多数のかまどがあり、アウトドアクッキングに最適で、すぐそばを川が流れており、豊かな自然を感じられる場所でした。

到着後、まずは緊張気味なみんなと一緒に自己紹介や簡単なゲームをしながら過ごし、徐々に和やかな雰囲気となりました。




その後、今回のメインの一つである「具だくさんお味噌汁づくり」のためにみんなで枝拾いに行きました。みんなが拾ってくれた枝を使って、YRMメンバーたちは火起こしにチャレンジ。子どもたちは枝拾いの後、たくさんの野菜を食べやすい大きさに切ってくれました。










お味噌汁が出来上がるまでの間、子どもたちはサッカーやキャッチボール、フリスビー、バレーボールなどをしながら楽しく遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




YRMのメンバーたちの頑張りの甲斐あって、お味噌汁も完成!みんなでランチタイムです!お味噌汁はとっても美味しく出来上がり、お替りする人も多数!YRMメンバーたち、よく頑張ってくれました。




食事の後も早速遊び始め、特にバレーボールを使ってトスをし、10回続くまで頑張ろう!と意気込み、みんなで挑戦しました。また時折ボールが川に入ってしまい、、そのボールの救出作戦に取り組むなど、みんなで協力する場面がたくさんありました。





その後、「だるまさんが転んだ」や「キャプチャーザフラッグ」などのゲームをみんな一緒に遊び、あっという間に帰らないといけない時間に、、


まだ遊びなりなそうな様子でしたが、11時から3時まで、自然の中でたくさん体を動かして、美味しいお味噌汁も作れて食べれて、大満足の一日だったと思います。YRMメンバーたちは前日の準備会から参加し、当日も全体の前での司会進行やクッキングのサポート、子どもたちの遊びのサポートと大活躍でした。少し疲れた様子でしたが、きっと良い体験になったと思います。

秋のプログラムはまだまだ続きます。秋のファミリーキャンプ、父と子のキャンプもまだお申込みいただけます。

<ファミリーキャンプ>http://www.ymcatfv.org/fall/fallfamily.pdf

<父と子のキャンプ>http://www.ymcatfv.org/fall/fallfatherchild.pdf

ぜひ、皆さんとまたお会いできることを楽しみにしています。

 

中高生の皆さんはYRMへの登録もお待ちしています!http://www.ymcatfv.org/yrm/

| 日帰りプログラム | 15:00 | - | -
春の日帰りプログラム(5/19)

気温もぐんぐん上がり、青空の下で春の日帰りプログラムを5月19日(日)に実施しました。

子どもたち16名、YRMメンバー9名、リーダー2名の合計27名で元気に外で遊びました。

 

行き先はホワイトプレインズYMCAから30分ほどのWard Pound Reservation.

ウェストチェスターで一番大きく、草木も青々と茂り、川が流れ、気持ちの良い公園です。


 

公園に到着すると、簡単なゲームをしたり、自己紹介をしました。


 


 


 

その後、みんなで枝を拾い、焼きとうもろこしを作りました。


 


 

暑い中、とうもろこしを焼き続けてくれたプログラムリーダーの皆さん。

ありがとう。とても美味しかったです。


 


 

みんなで外で食べるお昼ごはん。


 


 

お花のブーケを作ったり、川の生き物を探したり、綱引きをしたり・・・いろいろなことをして遊びました。


 


 


 


 


 


 

途中、犬を連れてきている人たちが一緒に遊ばせてくれました。犬が大好きな子どもたちは大興奮!

犬を追い掛け回し(?)、一緒に走り回り、とても楽しそうでした。


 


 

最後はみんなで遊ぶ時間。


 


 


 


 


 

外で思いっきり遊んだ1日になりました。川に足が浸かって靴が濡れたり、泥だらけになったりしましたが、子どもたちは遊びを考える天才です。豊かな自然の中で創意工夫し、遊ぶ中で友情を育み、のびのびと過ごす時間をこれからも作っていきたいと思います。

 

YRM(中高生の定例活動)のみんなは初めて年下の子どもたちのリーダー役として活動し、楽しかったこと、難しかったこと、色々なことを感じたようです。

経験はまだ少ないかもしれませんが、彼らには素直な心と一生懸命がんばる力があります。

これからも自分のためではなく誰かのためにしたことが喜びとなり、豊かな社会を作る一員として成長していくことを願います。

今年度のYRMの全活動は終了いたしました。1年間ありがとうございました。

 

次年度は9月から始まります。登録は無料です。

13歳以上であれば、どなたでもご参加いただけます。詳細はお問い合わせください。

| 日帰りプログラム | 10:00 | - | -
大人のハーフデイハイキング(5/17)

年に2回、新緑と紅葉の季節に「大人のハーフデイハイキング」を実施しています。

平日の数時間を使ってホワイトプレインズ近郊のハイキングコースを訪れ1時間半〜2時間ほど歩くプログラムです。

 

今回はホワイトプレインズから車で30分ほどの場所にあるMuscoot Farmを訪ねました。

合計13名で、暑過ぎず、寒過ぎず、ちょうど良い気候の中、出発しました。


 


 

かわいい動物がお迎えしてくれました。


 


 


 


 


 


 


 

ちょうど1時間半ほどのコースだったでしょうか。

アップダウンもあり、良い汗をかき、すっかりお腹も空きました。

皆さんでテーブルを囲み、楽しい食事の時間。


 


 

前日までは雨の予報も出ており実施できるかドキドキしましたが、当日は朝から晴れ間が見られ絶好のハイキング日和になりました。

「こんなに近くに豊かな自然があったとは・・・」と、嬉しい驚きがあるのも魅力です。

ぬかるみや石や枝に気をつけながら、お喋りも楽しみながら、草花に目を向けながら、ハイキングはその道中すべてが心と体に良いものです。

日常から少し離れ、新しい人との出会いや自然の中での小さな発見が見つけられる大人のハーフデイハイキングにぜひ多くの皆さんにご参加いただきたいと願っています。

 

次回は紅葉の美しい秋(10月か11月)に予定しています。

どなたでも大歓迎です。ぜひご参加ください。

| 日帰りプログラム | 03:14 | - | -
ワンデースキー(3/3)

今年最後のスキープログラム、ワンデースキーを3月3日(日)に実施しました!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加してくれたのは、7家族17名の皆さんでした。スキーレッスンに参加した子どもたちは全部で9人。すでに数回スキーをしたことがあり、ビュンビュンと滑れる中級者チーム6人と、今回がスキー2〜3回目の初級者チーム3人にグループを分け、それぞれに3〜4人ずつスタッフがつき、楽しくスキーレッスンを実施しました。

中級者チームは、ブルーコース(中級コース)を中心として、上級者向けのブラックコース、またモーグルバーンも含めて、色々なコースを滑りました。モーグルバーンなどの不整地は、滑ることで膝の使い方を自然と覚えたり、転ばないために自然と重心の位置を調整するなど、小さいうちからぜひ滑ってほしいコースです。多少転倒することもありましたが、みんな頑張ってチャレンジしていました。




↑手を膝に置いて滑っています!こうして滑る中で、スピード感覚を養い、パラレルターンを目指しました!







↑お父さんも颯爽と滑りながら、お子さんを撮影中!

初級者チームは、最初こそマジックカーペットで練習をしましたが、早い段階でリフトに乗り、グリーンコース(初級コース)を中心にたくさん滑りました。午後には頂上まで行き、ブルーコース(中級コース)でも滑れるようになりました。ゴンドラにも乗車!




みんな、「こわいー!」と言いながらも、笑顔で、これがスキー2〜3回目とは思えないほどのスピードで滑っていました!





当日は4時頃から雪が降るとの予報が出ており、解散時間を少し早め、3時20分ごろには解散としました。それでも何人かの子どもたちは「まだまだ滑りたい!」と熱が冷めやらぬ様子。その後は時間の許す限りご家族で滑っていました。

日帰りキャンプではありましたが、午前と午後を合わせて約4時間、充分に滑れたのではないかと思います。天候も、朝こそ曇り空でしたが、次第に太陽も出てきて、とっても良い天気でした!

YMCAはスキーシーズンを終え、今後、春のプログラムを展開していきます。ファミリーキャンプ、父と子のキャンプ、日帰りプログラムなど用意していますので、引き続き、ぜひ会いに来てくださいね。よろしくお願いいたします。

 

↓春のプログラムご案内

http://www.ymcatfv.org/spring/

| 日帰りプログラム | 04:00 | - | -
中高生のワンデースキー(1/13)

1月13日(日)に中高生を対象にしたワンデースキーを実施しました。

6名の参加者に2名のリーダーたち、そして2月スキーキャンプのリーダー3名がトレーニングを行っていました。

 

当日は真っ青な青空、気温もしっかり低く、すばらしいコンディションでした。

ゲレンデもそれほど混雑しておらず、さまざまなコースにチャレンジしながらレッスンを行うことができました。

 

ワンデースキーチーム


 

トレーニングチーム


 

スキー経験の豊富な中高生が集まりましたので、上級コースにチャレンジしたり、ストックを股関節に挟みポジションを低くすることを意識したり、スピードだけではなく安定感を増すことも目指しました。


 


 


 


 

ブラックダイアモンドコースもたくさん滑りましたね。

帰り道は気絶したように寝ている仲間もいましたが、一日中外で仲間と一緒にスキーをして疲れたことでしょう。

 

スキーは仲間と一緒に楽しむだけではなく、「もっとかっこよく滑りたい」「アイスバーンでもちゃんと滑れるようになりたい」など子どもたちの上手くなりたい欲求や向上心も育てていきます。

そしてチャレンジを通して達成感や自信がつく体験をします。


 

小さな失敗や成功を繰り返しながら、一人ひとりがたくましくのびのびと成長していくことを願っています。

次回のワンデースキー(中高生対象)は2月3日です。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

| 日帰りプログラム | 20:00 | - | -
ワンデースキー(1/6)

1月6日(日)は今年初のワンデースキーです。

曇り空の中でのスキーでしたが、スキー場は比較的空いており快適に滑ることができました。

6家族、15名が参加しました。

 

初めてスキーをした仲間も午後にはリフトに乗り、長い距離を止まらず滑り降りれるようになりました。


 


 


 

家族と滑るお子さんもおりましたが、リーダーたちとも一緒にたくさん滑りました。

久しぶりのスキーということもあり感覚を取り戻しながら、少しずつかっこいいパラレルを目指してレッスンをしていきました。


 

スキーはたくさん滑る中で滑走感覚を育てていきます。

どんな斜面でも安定して滑ることができるよう、これからもスキーを続けてくれたら嬉しいです。

まだまだスキーシーズンは続きます。次回は、3月3日(日)です。

また中学生・高校生を対象にしたワンデースキーもあります。1月13日(日)、2月3日(日)

 

ぜひご参加ください!

| 日帰りプログラム | 18:00 | - | -
大人のハーフデイハイキング

10/24(水)に大人のハーフデイハイキングを実施しました。

ホワイトプレインズから車で15分の「Cranberry Lake Preserve」へ出かけました。

良い天候に恵まれ、合計12名でハイキングを楽しみました。

 

今年は紅葉が比較的遅かったように思いますが、それでも木々が赤や黄色に色づき始め、美しい景色に出会うことができました。


 


 

森の中を歩いたり、岩盤の上まで登ったり、変化に富んだコースでした。


 

頂上から見る景色はなかなかのものでした!達成感がありましたね。


 


 


 

アメリカに来たばかりの方、アメリカ生活が長い方、様々なバックグラウンドを持った皆さんが集まり和やかに時間が過ぎました。

ハイキングはただ歩くことが目的ではなく、おしゃべりをしたり、転ばないように頭を使いながらルートを選んだり、トレイルマークを探したり、美しい自然と向き合ったり、深呼吸をしたり、「きれいだなぁ」としみじみ感じたり、感性が磨かれていくような瞬間が用意されています。

普段何かと忙しい大人の皆さんにぜひ参加していただきたいプログラムです!

 

今回は少し短いハイクで1時間半ほどで終了し、1時には解散しました。

次回はまた新緑の美しい季節に、楽しいハイキングを企画いたします。

ぜひお気軽にご参加ください!

| 日帰りプログラム | 03:13 | - | -
秋の日帰りプログラム

10月14日(日)、雨が多い日々の中で唯一晴れ間が見られ気温も低過ぎず気持ちの良い1日でした。

場所は、ホワイトプレインズYMCAから約40分ほどのWard Pound Ridge Reservation。
使用したピクニックエリアは、川が流れていて、木々も色づき始め、


今回参加してくれたのは、9人の子どもたちと9人の中高生たち(YRM=中高生の定例活動)。

自己紹介をした後はみんなで枝を拾いに行き、お味噌汁作りの準備を始めました。

自分たちで火をおこし、具材を切り、しっかり煮込んで完成!

さつまいもを入れて秋の味覚を楽しみました。

「家で作ってみようかな」という声も。ぜひおうちでもチャレンジしてみてください。


 


 

お弁当とお味噌汁。おいしかったですね!


 


 

折り紙で紙飛行機を作ったり、野球をしたり、縄跳びをしたり、いろいろなことをして遊びました。


 


 


 


 


 


 


 

みんなで遊ぶ時間では、いろいろな鬼ごっこをしたり進化系だるまさんが転んだをしました。


 


 


 

だ〜る〜ま〜さんが転んだ・・・


 


 


 

「動いてないかなぁ」


 

「動いた〜!」


 


 


 


 


 


 

みんなでたくさん遊んだ一日。

初めて来た子も何度も繰り返し来ている子も、自然の中でたくさん体を動かし、一緒に遊び楽しい時間を過ごしました。


 

YRM(中高生の定例活動)のみんなも責任感を持って一日を過ごしました。

前日の準備会で話し合ったことを実践し、同年代の仲間と楽しみながら協力し、誰かのために自分が持っている力や知恵を出しました。

誰かのためにがんばったことが喜びと感じられる経験は普段なかなかできません。

YMCAでは子どもたちの豊かな成長を願ってこれからもプログラムを展開してまいります。

| 日帰りプログラム | 22:51 | - | -
大人のハーフデーハイキング2018春

先日の5月18日、大人のハーフデーハイキングを実施しました。毎年、新緑がまぶしい春(5月)、また紅葉が美しい秋(10月)に実施しておりますが、今回も気持ちの良いハイキングとなりました。当初、雨が降る予報も出ており実施を心配していましたが、参加の皆さんがとても楽しみにしてくれていたのでしょう。雨が多い日の隙間をぬって、晴れてくれました。

今回参加いただいたのは、スタッフを含め9名の健脚の持ち主たち。年齢を感じさせない軽い足取りに毎回驚かされます。


今回の実施場所は、ホワイトプレインズから車で25分ほど北に位置する「Teatown Lake Reservation]。とても広大できれいな公園なので、何度か訪れたことのある公園でした。ただリピーターの方々から、「今回のハイキングは軽かったわね」とご指摘を受けることも・・というわけで、今回は割とハードなコースのハイキングとしました。



歩いた時間は約2時間。適度なアップダウンがあり、木の橋や石を飛び越えながら川を渡ったり、小鳥やリス、ミミズなどの生き物に遭遇したり、道に咲く花について話したりと、自然を満喫しながら歩きました。道中の自然についてだけではなく、普段の生活について、趣味について、最近あった楽しいことなど、様々な話をしながら歩くのが、皆さんのハイキングの楽しみ方です。


ハイキング終盤で立ち寄った小屋は不思議な構造になっており、池側に柵がありません!「落ちてしまう人もいるのでは・・」などと話しながら一休み。池の対岸にはビーバーが一生懸命に作った住処が見えました。ふと気が付くと、私たちの周りの木は、かなりビーバーにかじられていました。「こんな対岸まで木を取りにくるのだねぇ」など、目に見えぬビーバーの姿に想像を膨らませました。




2時間がたったとは思えないほど、あっという間のハイキング。でも「今回はなかなかハードでいいハイキングだったわね」と、達成感と満足感があったようです。


最後はみんなでお弁当タイム。お弁当を食べながらも、地元のスーパーの話や普段の食生活についてなど、話は絶えません。




短いハイキングですが、健康の有難さを感じ、一緒に運動することの楽しさを感じさせていただきました。また次回も参加される皆さんに満足いただけるように、いいハイキングコースを探していきたいです。

次回は紅葉が美しい10月ごろに開催予定です。お楽しみに。

| 日帰りプログラム | 04:30 | - | -
春の日帰りプログラム2018

5月6日(日)、毎年恒例の春の日帰りプログラムを実施しました。少し雨が降るとの予報もありましたが、活動中、雨に降られることなく、また暑すぎず寒すぎず、気持ちのよい気候の中、過ごすことが出来ました。参加してくれたのは、5歳から12歳の子どもたち13人に加え、リーダー役として13歳から16歳の中高生たち10人でした。


 

YMCAのバスに乗ること約40分、今日の活動場所である「Ward pond ridge reservation」に到着しました。バスの中もみんなで色々なおしゃべりをしながら楽しく過ごしました。公園に到着した後は、自己紹介、またアイスブレイクゲームとして、「じゃんけん列車」また「ラインアップ」を楽しみました。





その後、今日のお昼ご飯の時に食べる予定の焼きトウモロコシのための準備をみんなでしました。まずは火をつけるための枝をみんなでたくさんたくさん拾いました。そして、トウモロコシの皮をむきます。どんな枝をどれぐらい拾ってきたらいいのか、トウモロコシの皮はどれぐらいむくのか、中高生リーダーたちが丁寧に教えてくれました。


 

みんなが集めてくれた枝を使い、みんなが準備してくれたトウモロコシを、また中高生リーダーたちが美味しくこんがりと焼いてくれました。



トウモロコシを焼いている間、野球やボール遊び、鬼ごっこ、綱引きなど、それぞれの興味に合わせてたくさん遊びました。「そろそろお腹がすいてきたなぁ・・」「トウモロコシ、焼けたよー」お昼ご飯タイムです!リーダーたちが焼いてくれた焼きトウモロコシはとても美味しく、みんなにも大好評でした!





ご飯を食べ終わると、「まだまだ遊び足りない!」と言わんばかりに、すぐに遊び始めました。サッカーに鬼ごっこ、かけっこ、野球、フラフープ遊び?、大繩などなど、どんどんと自然に遊びが生まれ、新しいグループが出来ては解散し、時間を惜しんで遊びました。





 

最後には「みんなで遊ぼう!」の時間があり、「ジェスチャーゲーム」「インディアンチーフ」などの遊びをしました。時間はあっという間に過ぎ、「もう帰る時間??」と少し寂しそう・・また遊びに来てね。



日帰りプログラムは、新緑が美しい春の時期、また紅葉がきれいな秋の時期に実施しています。春と秋には、同じく父と子の週末キャンプ、またファミリーキャンプも実施しています。気持ちの良い季節、ぜひ自然の中でたくさん遊びましょう!

 

| 日帰りプログラム | 02:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE