Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
大人のハーフデイハイキング

10/24(水)に大人のハーフデイハイキングを実施しました。

ホワイトプレインズから車で15分の「Cranberry Lake Preserve」へ出かけました。

良い天候に恵まれ、合計12名でハイキングを楽しみました。

 

今年は紅葉が比較的遅かったように思いますが、それでも木々が赤や黄色に色づき始め、美しい景色に出会うことができました。


 


 

森の中を歩いたり、岩盤の上まで登ったり、変化に富んだコースでした。


 

頂上から見る景色はなかなかのものでした!達成感がありましたね。


 


 


 

アメリカに来たばかりの方、アメリカ生活が長い方、様々なバックグラウンドを持った皆さんが集まり和やかに時間が過ぎました。

ハイキングはただ歩くことが目的ではなく、おしゃべりをしたり、転ばないように頭を使いながらルートを選んだり、トレイルマークを探したり、美しい自然と向き合ったり、深呼吸をしたり、「きれいだなぁ」としみじみ感じたり、感性が磨かれていくような瞬間が用意されています。

普段何かと忙しい大人の皆さんにぜひ参加していただきたいプログラムです!

 

今回は少し短いハイクで1時間半ほどで終了し、1時には解散しました。

次回はまた新緑の美しい季節に、楽しいハイキングを企画いたします。

ぜひお気軽にご参加ください!

| 日帰りプログラム | 03:13 | - | -
秋の日帰りプログラム

10月14日(日)、雨が多い日々の中で唯一晴れ間が見られ気温も低過ぎず気持ちの良い1日でした。

場所は、ホワイトプレインズYMCAから約40分ほどのWard Pound Ridge Reservation。
使用したピクニックエリアは、川が流れていて、木々も色づき始め、


今回参加してくれたのは、9人の子どもたちと9人の中高生たち(YRM=中高生の定例活動)。

自己紹介をした後はみんなで枝を拾いに行き、お味噌汁作りの準備を始めました。

自分たちで火をおこし、具材を切り、しっかり煮込んで完成!

さつまいもを入れて秋の味覚を楽しみました。

「家で作ってみようかな」という声も。ぜひおうちでもチャレンジしてみてください。


 


 

お弁当とお味噌汁。おいしかったですね!


 


 

折り紙で紙飛行機を作ったり、野球をしたり、縄跳びをしたり、いろいろなことをして遊びました。


 


 


 


 


 


 


 

みんなで遊ぶ時間では、いろいろな鬼ごっこをしたり進化系だるまさんが転んだをしました。


 


 


 

だ〜る〜ま〜さんが転んだ・・・


 


 


 

「動いてないかなぁ」


 

「動いた〜!」


 


 


 


 


 


 

みんなでたくさん遊んだ一日。

初めて来た子も何度も繰り返し来ている子も、自然の中でたくさん体を動かし、一緒に遊び楽しい時間を過ごしました。


 

YRM(中高生の定例活動)のみんなも責任感を持って一日を過ごしました。

前日の準備会で話し合ったことを実践し、同年代の仲間と楽しみながら協力し、誰かのために自分が持っている力や知恵を出しました。

誰かのためにがんばったことが喜びと感じられる経験は普段なかなかできません。

YMCAでは子どもたちの豊かな成長を願ってこれからもプログラムを展開してまいります。

| 日帰りプログラム | 22:51 | - | -
大人のハーフデーハイキング2018春

先日の5月18日、大人のハーフデーハイキングを実施しました。毎年、新緑がまぶしい春(5月)、また紅葉が美しい秋(10月)に実施しておりますが、今回も気持ちの良いハイキングとなりました。当初、雨が降る予報も出ており実施を心配していましたが、参加の皆さんがとても楽しみにしてくれていたのでしょう。雨が多い日の隙間をぬって、晴れてくれました。

今回参加いただいたのは、スタッフを含め9名の健脚の持ち主たち。年齢を感じさせない軽い足取りに毎回驚かされます。


今回の実施場所は、ホワイトプレインズから車で25分ほど北に位置する「Teatown Lake Reservation]。とても広大できれいな公園なので、何度か訪れたことのある公園でした。ただリピーターの方々から、「今回のハイキングは軽かったわね」とご指摘を受けることも・・というわけで、今回は割とハードなコースのハイキングとしました。



歩いた時間は約2時間。適度なアップダウンがあり、木の橋や石を飛び越えながら川を渡ったり、小鳥やリス、ミミズなどの生き物に遭遇したり、道に咲く花について話したりと、自然を満喫しながら歩きました。道中の自然についてだけではなく、普段の生活について、趣味について、最近あった楽しいことなど、様々な話をしながら歩くのが、皆さんのハイキングの楽しみ方です。


ハイキング終盤で立ち寄った小屋は不思議な構造になっており、池側に柵がありません!「落ちてしまう人もいるのでは・・」などと話しながら一休み。池の対岸にはビーバーが一生懸命に作った住処が見えました。ふと気が付くと、私たちの周りの木は、かなりビーバーにかじられていました。「こんな対岸まで木を取りにくるのだねぇ」など、目に見えぬビーバーの姿に想像を膨らませました。




2時間がたったとは思えないほど、あっという間のハイキング。でも「今回はなかなかハードでいいハイキングだったわね」と、達成感と満足感があったようです。


最後はみんなでお弁当タイム。お弁当を食べながらも、地元のスーパーの話や普段の食生活についてなど、話は絶えません。




短いハイキングですが、健康の有難さを感じ、一緒に運動することの楽しさを感じさせていただきました。また次回も参加される皆さんに満足いただけるように、いいハイキングコースを探していきたいです。

次回は紅葉が美しい10月ごろに開催予定です。お楽しみに。

| 日帰りプログラム | 04:30 | - | -
春の日帰りプログラム2018

5月6日(日)、毎年恒例の春の日帰りプログラムを実施しました。少し雨が降るとの予報もありましたが、活動中、雨に降られることなく、また暑すぎず寒すぎず、気持ちのよい気候の中、過ごすことが出来ました。参加してくれたのは、5歳から12歳の子どもたち13人に加え、リーダー役として13歳から16歳の中高生たち10人でした。


 

YMCAのバスに乗ること約40分、今日の活動場所である「Ward pond ridge reservation」に到着しました。バスの中もみんなで色々なおしゃべりをしながら楽しく過ごしました。公園に到着した後は、自己紹介、またアイスブレイクゲームとして、「じゃんけん列車」また「ラインアップ」を楽しみました。





その後、今日のお昼ご飯の時に食べる予定の焼きトウモロコシのための準備をみんなでしました。まずは火をつけるための枝をみんなでたくさんたくさん拾いました。そして、トウモロコシの皮をむきます。どんな枝をどれぐらい拾ってきたらいいのか、トウモロコシの皮はどれぐらいむくのか、中高生リーダーたちが丁寧に教えてくれました。


 

みんなが集めてくれた枝を使い、みんなが準備してくれたトウモロコシを、また中高生リーダーたちが美味しくこんがりと焼いてくれました。



トウモロコシを焼いている間、野球やボール遊び、鬼ごっこ、綱引きなど、それぞれの興味に合わせてたくさん遊びました。「そろそろお腹がすいてきたなぁ・・」「トウモロコシ、焼けたよー」お昼ご飯タイムです!リーダーたちが焼いてくれた焼きトウモロコシはとても美味しく、みんなにも大好評でした!





ご飯を食べ終わると、「まだまだ遊び足りない!」と言わんばかりに、すぐに遊び始めました。サッカーに鬼ごっこ、かけっこ、野球、フラフープ遊び?、大繩などなど、どんどんと自然に遊びが生まれ、新しいグループが出来ては解散し、時間を惜しんで遊びました。





 

最後には「みんなで遊ぼう!」の時間があり、「ジェスチャーゲーム」「インディアンチーフ」などの遊びをしました。時間はあっという間に過ぎ、「もう帰る時間??」と少し寂しそう・・また遊びに来てね。



日帰りプログラムは、新緑が美しい春の時期、また紅葉がきれいな秋の時期に実施しています。春と秋には、同じく父と子の週末キャンプ、またファミリーキャンプも実施しています。気持ちの良い季節、ぜひ自然の中でたくさん遊びましょう!

 

| 日帰りプログラム | 02:52 | - | -
ワンデースキープログラム(3/4)

3/4(日)に今シーズン最後のスキープログラム、ワンデースキーを実施しました。

10家族(子ども15人)27名の皆さんと楽しくスキーを滑りました。


 


 


 


2日前の吹雪の影響で、雪は多く、ゲレンデコンディションはとても良かったです。


初心者の子どもたちも転ばずスピードをコントロールしながら滑り降りるまで上達しました。

「次はゴンドラに乗るぞー!」と決意を表し、ゴンドラ乗り場の前で記念撮影。


 


スキー場は降りたての雪を求めて多く人が来ており大混雑!

リフトに乗るにもゴンドラに乗るにも長蛇の列ができていましたが、リーダーたちと楽しくおしゃべりをしながらレッスンに取り組みました。

 

スキーは「やってみたらできた」「やればできる」と自分に自信が持てるようになったり、「もっと上手くなりたい」と向上心や挑戦する気持ちが生まれるなど子どもたちの心身の成長につながるとても良いスポーツです。

子どもたちの安全を守り、成長を導くのはトレーニングを受けたリーダーたちです。

この冬、アメリカ・日本の両方から多くのリーダーたちが参加しました。

彼らも子どもたちの成長する姿に感動し、多くのことを学びました。

 

これにて今シーズンのスキープログラムはすべて終了いたします。

また美しい雪の世界で皆さんとお会いできますことを楽しみにしています。

| 日帰りプログラム | 05:01 | - | -
ワンデースキープログラム(2/4)

先日の2月4日(日)、1月に引き続き、中高生対象のワンデースキープログラムを実施しました。参加してくれたのは、9人の中高生、また4人の高校生ボランティアがリーダーとして参加してくれました。


 

当日は朝7時に集合。少し眠そうな表情も見えましたが、バスに乗り込み出発するととても賑やかな声が聞こえてきました。今回スキーをしたのは、「Catamount」というスキー場。ホワイトプレインズから真っすぐ約2時間ほど北上した、マサチューセッツ州とニューヨーク州の州境に位置するスキー場でした。初級者から上級者まで楽しめるトレイルがあり、自然にできた起伏が多く、刺激的なトレイルを楽しめました。天気予報は、3PM頃から雨・・ちょっと心配しながらスキーレッスンをスタートしました。

スキー初級者の2名は、グリーンコースを中心として滑走し、久しぶりのスキー、また新しいスキー場のトレイルに慣れていきました。午後には長いブルーコースにも挑戦し、少しずつ上達するスキーを実感しているようでした。



 

上級者はブルーコース、またブラックコースに積極的にチャレンジし、コースの途中であまり止まることなく、長い距離をたくさん滑りました。起伏が多いコースでは、状況に対応する能力が必要になりますので、広い視野を持って滑るようにアドバイスしたり、急な斜度のコースでは、しっかりとスピードコントロールをしながら滑るように伝えました。人気があったのは緩中斜面のロングコース。プレッシャーなく、スピードを出して長く滑れるのが良かったそうです。


 




 

午後になり、雪がかなり強く降ってきました!初級者グループ、上級グループともに少し早めのアップとしました。

いつも使用しているスキー場よりも30分以上近いスキー場であったため、滑走時間を1時間以上多くとることができ、ワンデースキーながら、かなり滑れた印象でした!





 

中高生のワンデースキーは、これで終了。3月からの中高生活動(YRM)はホワイトプレインズ近郊に活動場所を移します。5月まで、月に1回程度集まって活動しています。ご興味がある方は、以下のURLをご覧ください。

<ティーンプログラム(YRM)>

http://www.ymcatfv.org/yrm/

3月には、今シーズン最後のワンデースキープログラムがあります。ファミリー対象のワンデースキープログラムで、子どもたち対象にスキーレッスンを実施しています。以下、URLをご覧いただき、ぜひお申込みくださいませ。

<ワンデースキー(3/4)>

http://www.ymcatfv.org/winter/onedayski.pdf

またサマーキャンプの申し込みも随時受付中です!2月末までの申し込みで早期割引も適応されます。各所でサマーキャンプ説明会も実施していますので、ぜひご参加ください。

<2018サマーキャンプ>

http://www.ymcatfv.org/summer/

<サマーキャンプ説明会>

http://www.ymcatfv.org/summer/summersetsumei.pdf

| 日帰りプログラム | 02:01 | - | -
ワンデースキー(1/14)

先日1月14日は、中高生対象のワンデースキープログラムを実施しました。参加してくれたのは、普段YRM(中高生定例活動)に参加している人を中心とした8人の中高生たち。加えて、5人の高校生、大学生ボランティアがリーダーとして参加してくれました。


 

当日の集合は朝7時!早めの集合でしたが、みんな元気に集まってきました。今日のスキー場はいつも利用しているBelleayre mountain。ホワイトプレインズから約2時間半のドライブです。当日は、3連休の真ん中ということもあって、とても賑わっていました。休憩するロッジ内こそ、かなり混雑している雰囲気でしたが、ゲレンデは思ったほど混雑しておらず、滑りやすかったです。

到着後はスキーのレンタルを済ませ、すぐにレッスン開始。このあたりは、さすが中高生。動きがテキパキしていて、みんな協力的です。

例年にない寒いシーズンのため、スキー場のコンディションも抜群!とても滑りやすいトレイルでした。かなり滑れるメンバーも多く、ブルーコース(中級コース)とブラックコース(上級コース)を半分ずつぐらい滑りました。ブラックコースには苦戦するメンバーもいましたが・・滑り方を教えながら、ゆっくりと丁寧に滑りました。中高生らしく、ポジションの修正、スキーを意図的に操作し、しっかりとターンを描きながらスピードコントロールが出来るようにレッスンを行いました。








かなりハードなトレイルもたくさん滑ったので、終了間際は疲れてきたメンバーも・・よく頑張りました。

今回、初めてスキーをした中高生もいましたが、最後にはブルーコース(中級コース)を、他の上級者と一緒に滑り下りることが出来ました。中高生は、頭と体で覚えていけるので、上達がとても速いです!

そうそう!今シーズン、新しいゴンドラが出来上がりました。一番下にあるロッジの目の前から、頂上まで行ける高速のゴンドラです。非常に快適でした。

ゴンドラ内部↓



 

3時にはレッスン終了。みんな、まだまだ滑りたそうです。「終了、3時半じゃないのー??」今日は3時です・・ちょうど、レッスンでやっていたことが体に浸み込んできたころなのでしょう。もっと滑りたい気持ちがよく分かります。また次回、もっと上手くなりましょう。次回の中高生日帰りスキーは2月4日。いつものBelleayre mountainではなく、違うスキー場に行ってみようと思っています。お楽しみに!



 

 

| 日帰りプログラム | 01:23 | - | -
ワンデースキー(1/7)

今年はとても寒い年末年始となりましたね。しかし、そのおかげでスキー場のコンディションは抜群です!寒すぎるのはちょっと・・と思いながら、やっぱり冬は寒いもんだよな・・と思い返します。昨年までの2シーズンは本当に暑い冬でした。

さて、年始早々でしたが、1月7日はファミリー対象の日帰りスキープログラムを実施しました。参加してくれたのは7家族19名でした。その内、子どもたち11人がYMCAのスキーレッスンに参加しました。


 

当日は予想通り、非常に寒い気温・・。年末年始と比べれば高い気温でしたが、それでもかなり堪える寒さでした。しかし!子どもたちは元気!しっかりと防寒し、ホッカイロを貼り、スキーを楽しみました。

今シーズン初めてのスキーのキャンパーも多く、最初は少し感覚を取り戻すのに時間がかかりましたが、しばらく滑るうちに調子が出てきました。グリーンコース(初級コース)を中心として、ブルーコース(中級コース)にもチャレンジしました。

初級グループの様子↓





 

上級者グループは、ブルーコース(中級コース)を中心として、ブラックコース(上級コース)の内、比較的難易度の低いコースにも挑戦しました。上級コースでは、ポジショニング、スキーの操作など、様々なスキルが必要ですが、何度か滑るうちに少しずつ体の使い方に慣れていっているように見えました。上級班らしく、ただ滑るだけではなく、技術的な指導も交えながら、各自の上達を図りました。

上級グループの様子↓











 

3:30でレッスンは終了。子どもたちはまだ滑りたそうな表情です。いくつかのご家族はその後、リフト終了までご家族で一緒にスキーを楽しんでいました。1日という短い時間のレッスンでしたが、レッスン終了時の表情は、スタート時のそれとは比べ物にならないほど、自信に満ちあふれていました。スキーを通して自分に自信を持つこと、これもスキープログラムの醍醐味です。

まだまだスキーシーズンは続きます。引き続き、ぜひご参加ください。

http://www.ymcatfv.org/winter/

 

| 日帰りプログラム | 06:55 | - | -
大人のハーフデーハイキング秋

本日は「大人のハーフデーハイキング」を実施しました。毎年、新緑がまぶしい春(5月)、また紅葉が美しい秋(10月)に実施しておりますが、今秋もとても気持ちの良いハイキングとなりました。

 

今回お邪魔したのは、オフィスのあるホワイトプレインズから車で10分程度に位置する「Saxon Woods County Park」。ゴルフ場やプール、ミニゴルフやBBQ場として有名ですが、実はハイキングトレイルもあり、初級から中級のトレイルが用意されています。今回は南側の初級者向けのトレイルを歩きました。多少のアップダウンがある比較的なだらかなトレイルで、足元にある木の根っこや石に注意を払いながら、差し込んでくる木洩れ日を感じ、市街地からたった10分とは思わせないほど美しい自然を満喫しました。



 

集合は10時。今回はスタッフを含め10名が参加してくれました。簡単な自己紹介、また準備運動(初級コースとはいえ、何があるかわかりません!)を行い、ハイキングをスタート。ハイキングの楽しみは、やっぱりお友達とのおしゃべり。それぞれのバックグラウンドについての話や、アメリカ生活での驚きエピソード、健康について、趣味、日々の生活についてなどなど、お話は尽きません。途中、大きな岩があり、その岩からも木が生えてきているのを見て、自然の強さを感じたり、ハリケーンの痕でしょうか、根こそぎ倒れている木を見て、自然の恐ろしさを感じたり。自然の中を歩いていると色々な気づきがあります。


 

あっという間に2時間が経ち、お昼時に。ループになっているコースをちょうどスタート地点付近まで戻ってきました。皆さんお持ちになったお弁当を持って、ピクニックエリア内のパビリオンへ。楽しくおしゃべりをしながらお食事をいただきました。暑くもなく寒くもなく、本当に気持ちの良い秋晴れの中、帰るのが勿体ないような気分になるひと時でした。


 

まだしばらくは気持ちの良い秋が続きます。ぜひ皆さんも外にお出かけになって、美しい秋を存分にお楽しみ下さいね。


 

次回のハーフデーハイキングは5月ごろ、新緑まぶしい季節に実施予定です。初級者向けのコースを予定していますので、ハイキングに自信がなかったり、普段運動をしていなくても大丈夫です。お気軽にご参加下さいませ。またお会いできることを楽しみにしております!

| 日帰りプログラム | 05:30 | - | -
秋の日帰りプログラム

10月15日(日)、少し晴れ間が除く暖かい一日に秋の日帰りプログラムを実施しました。

場所は、ホワイトプレインズYMCAから約40分ほどのWard Pound Ridge Reservation。
使用したピクニックエリアは、川が流れていて、自然豊かな気持ちの良い場所でした。


今回参加してくれたのは、14人の子どもたちと7人の中高生たち(YRM=中高生の定例活動)。

年齢の近い仲間で集まり、3つのグループに分かれて過ごしました。

野外炊事にもチャレンジしました。今回のメニューは具沢山味噌汁です。

切り方について議論する一幕。


火をつけるのもYRM(中高生)のみんな。上手にできましたね。


 


おいしい〜


昼食後もたくさん遊びました。


野球をしたり・・・


 


走り回ったり・・・


綱引きをしたり・・・


 


川の水をかき混ぜたり・・・


みんなで遊んだり・・・


短い時間でしたが、子どもたちはすっかり仲良くなりました。


 


 


 


 


YRMの7人は、責任感を持ちながら子どもたちの安全を守り、一緒にたくさん遊びました。

そんな年の近い優しいお兄さん、お姉さんたちと過ごした時間は楽しかった記憶としていつまでも残るでしょう。

自分のためではなく誰かのためにがんばったことが幸せ、誰かが喜んでくれて嬉しいと感じられる体験は普段なかなかできません。

子どもたちの豊かな成長を願って、これからもYMCAではさまざまな活動を展開してまいります。

 

次回は5月の新緑の時期を予定しています。

またスキーキャンプも受付中です。ご参加お待ちしています。

| 日帰りプログラム | 23:01 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE