Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
YRM 11月活動

11月のYRMはボーリング大会!10人の元気なティーンズたちが集まり、ワイワイ楽しみました。普段は子どもたちとの日帰り遠足やキャンプ、お祭りのお手伝いなどで活躍しているYRMメンバーたち。ボーリングをしているところを見ることはありません!みんなの腕前はどうなんでしょう??



 


 

 

当日は、個人戦やチーム戦などを行い、景品としてちょっとしたお菓子も用意していたので、楽しみながらも真剣なまなざし!本気で喜んだり悔しがったりする、いつも見られない表情や感情を見ることもできました。

 

第1ゲームは個人戦!それぞれベストを尽くして頑張りました。景品は1位と7位(ラッキーセブン!)に用意していました。途中から、1位を狙っているのか7位を狙っているのか分からなくなってきましたが・・みんな頑張りました。女子たちはバンパーの使用を希望。フェアになるように男子たちにも「バンパー使う??」と聞くと、「いや!いい!」とのこと。男の意地でしょうか。。女子たちも調子の出てきた4フレーム目ぐらいからバンパーなしで頑張りました。

結果、1位と7位はこのお二人!おめでとうございます。


第2ゲームからはチーム戦!くじ引きで2〜3人ずつのチームを作り、10フレームを交代交代で投げ合って高得点を目指しました。チームメイトが上手く投げられれば自分のチームが勝利に近づくとのことで、お互いにフォームについてアドバイスをしたり、応援し合ったり、慰め合ったり、ハイタッチしたり。1ゲーム目よりも、もっとお互いに声を掛け合うになりました。

時間もたくさんあったので、チーム戦は全部で3ゲームもできました。

それぞれの1位の皆さん!よく頑張りました。


 




おしゃべりもたくさんしましたが、基本、ボーリングは投げる!合計4ゲームを戦い抜き、あっという間に3時間が過ぎていきました。両ディレクターは翌日、手首の痛み、筋肉の疲労を訴えておりました。ティーンズたちは大丈夫でしょう。

 

YRMでは、月に一回程度集まり、仲を深め、楽しいときも辛いときも共に過ごし、一生つきあえる仲間を作れる場所です。登録は無料で、登録されると活動案内をお送りします。参加できるときにご参加ください。

12月はクリスマス会を予定しています。多くのご参加をお待ちしています。

 

 

| Teen Program | 05:14 | - | -
YRM一泊会(10/21-22)

10/21(土)の夕方にホワイトプレインズに集合し、16名のYRMメンバー(中高生の定例活動)と秋のフロストバレーで一泊会を実施しました。暖かい、とても良い天気に恵まれた週末でした。


初めてYRMに参加する仲間もいたため、まずはアイスブレーク、自己紹介などをしました。

自己紹介の最後では「みんな、将来の夢を言おう!」という意見が出たため急遽みんなの夢を語る時間がありました。

「まだ何かは分からないけど、日本で英語を使った仕事がしたい。」「幼稚園の先生になりたい。」「メジャーリーグで野球選手の通訳がしたい。」「サッカー選手になりたいって思ってたけど、難しそうだからスポーツトレーナーになりたい。」

ティーンのみんなからとても素敵な夢が語られました。

みんなの夢が叶いますように。そして、夢に向かってがんばってくださいね。応援しています。


初日のビッグイベントは「Haunted Trail」です。ハロウィーンの季節にしかない、少し怖い夜のハイキングです。

4人1組で暗い森の中へ・・・「キャーーー」という悲鳴が響き渡り、気付けば4人のはずが8人になっていたりしましたが無事に全員戻ってきました。ほっ。

 

キャンプファイヤーを囲んでスモアーズを食べて、ロッジの中へ。

シャワーの順番を待っている間、みんなでUNOをしました。あれよあれよと人数が増えて、大きな円となりUNOで遊びました。


翌日も朝からとても良い天気でした。

湖まで歩き、ガガボールをしたり、Kanjamというフリスビーのゲームをしたり・・・


 


 


 


 


 


 


その後は、Giant Swingにチャレンジしました。


Giant Swingをやったことの無い人から優先にいきました。

初めてでもこの笑顔!


 


 


引っ張る人、はしごを運ぶ人・・・みんな役割を持ちながら、協力して楽しみました。

良いチームワークだったためスムーズに進みました。


普段はパソコンや携帯電話が身近にあり大量の情報が行き来する生活だと思います。

たまには少し離れて自然に目を向ける時間も必要だと感じました。


「あ、魚だ!」


みんながいれば何てことない時間も楽しい。


 


最後はアーチェリー大会!

4人組に分かれて、チーム対抗戦です。

優勝チームにはパートナーシップオリジナルラインヤードがプレゼントされました。


おめでとうございます。見事な逆転劇でした。


2位


3位


4位


最下位のチームには「渾身の変顔をブログに載せる」というチャレンジがありましたが・・・

いろいろと抵抗した結果、かわいくポーズ。とても恥ずかしかったみたいです。


秋の週末をティーンのみんなで楽しく元気に過ごしました。

学校や家から離れて普段会わない人と会ったり、美しい自然の中で過ごしているうちに心身共にリフレッシュしたことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時期にAlumni Weekendも実施していました。

なんとその中にはYRM第一期生も!何年経っても、いつでも戻ってきてくださいね。


 

YRMは13歳以上であれば、どなたでも参加できます。登録は無料です。

興味のある方はオフィスにお問合せください。http://www.ymcatfv.org/

 

| Teen Program | 02:37 | - | -
大人のハーフデーハイキング秋

本日は「大人のハーフデーハイキング」を実施しました。毎年、新緑がまぶしい春(5月)、また紅葉が美しい秋(10月)に実施しておりますが、今秋もとても気持ちの良いハイキングとなりました。

 

今回お邪魔したのは、オフィスのあるホワイトプレインズから車で10分程度に位置する「Saxon Woods County Park」。ゴルフ場やプール、ミニゴルフやBBQ場として有名ですが、実はハイキングトレイルもあり、初級から中級のトレイルが用意されています。今回は南側の初級者向けのトレイルを歩きました。多少のアップダウンがある比較的なだらかなトレイルで、足元にある木の根っこや石に注意を払いながら、差し込んでくる木洩れ日を感じ、市街地からたった10分とは思わせないほど美しい自然を満喫しました。



 

集合は10時。今回はスタッフを含め10名が参加してくれました。簡単な自己紹介、また準備運動(初級コースとはいえ、何があるかわかりません!)を行い、ハイキングをスタート。ハイキングの楽しみは、やっぱりお友達とのおしゃべり。それぞれのバックグラウンドについての話や、アメリカ生活での驚きエピソード、健康について、趣味、日々の生活についてなどなど、お話は尽きません。途中、大きな岩があり、その岩からも木が生えてきているのを見て、自然の強さを感じたり、ハリケーンの痕でしょうか、根こそぎ倒れている木を見て、自然の恐ろしさを感じたり。自然の中を歩いていると色々な気づきがあります。


 

あっという間に2時間が経ち、お昼時に。ループになっているコースをちょうどスタート地点付近まで戻ってきました。皆さんお持ちになったお弁当を持って、ピクニックエリア内のパビリオンへ。楽しくおしゃべりをしながらお食事をいただきました。暑くもなく寒くもなく、本当に気持ちの良い秋晴れの中、帰るのが勿体ないような気分になるひと時でした。


 

まだしばらくは気持ちの良い秋が続きます。ぜひ皆さんも外にお出かけになって、美しい秋を存分にお楽しみ下さいね。


 

次回のハーフデーハイキングは5月ごろ、新緑まぶしい季節に実施予定です。初級者向けのコースを予定していますので、ハイキングに自信がなかったり、普段運動をしていなくても大丈夫です。お気軽にご参加下さいませ。またお会いできることを楽しみにしております!

| 日帰りプログラム | 05:30 | - | -
秋の日帰りプログラム

10月15日(日)、少し晴れ間が除く暖かい一日に秋の日帰りプログラムを実施しました。

場所は、ホワイトプレインズYMCAから約40分ほどのWard Pound Ridge Reservation。
使用したピクニックエリアは、川が流れていて、自然豊かな気持ちの良い場所でした。


今回参加してくれたのは、14人の子どもたちと7人の中高生たち(YRM=中高生の定例活動)。

年齢の近い仲間で集まり、3つのグループに分かれて過ごしました。

野外炊事にもチャレンジしました。今回のメニューは具沢山味噌汁です。

切り方について議論する一幕。


火をつけるのもYRM(中高生)のみんな。上手にできましたね。


 


おいしい〜


昼食後もたくさん遊びました。


野球をしたり・・・


 


走り回ったり・・・


綱引きをしたり・・・


 


川の水をかき混ぜたり・・・


みんなで遊んだり・・・


短い時間でしたが、子どもたちはすっかり仲良くなりました。


 


 


 


 


YRMの7人は、責任感を持ちながら子どもたちの安全を守り、一緒にたくさん遊びました。

そんな年の近い優しいお兄さん、お姉さんたちと過ごした時間は楽しかった記憶としていつまでも残るでしょう。

自分のためではなく誰かのためにがんばったことが幸せ、誰かが喜んでくれて嬉しいと感じられる体験は普段なかなかできません。

子どもたちの豊かな成長を願って、これからもYMCAではさまざまな活動を展開してまいります。

 

次回は5月の新緑の時期を予定しています。

またスキーキャンプも受付中です。ご参加お待ちしています。

| 日帰りプログラム | 23:01 | - | -
秋のファミリーキャンプ(コロンバスデーウィークエンド)

10月7日(土)〜9日(月・祝)でファミリーキャンプを実施しました。

気温は高く、曇り時々雨というあいにくの天気ではありましたが、2家族合計6名で楽しい週末をフロストバレーで過ごしました。


参加したお子さんはサマーキャンプにも来ていたため、会うなり「戻ってきたよー!」と。

おかえり!

 

初めて会ったはずなのに、共通の話題で意気投合。3日間ですっかり仲良くなりました。


家族で夏とは違う秋のフロストバレーを堪能したことでしょう。

森の中へハイキングに出かけたり・・・


 


馬に乗って紅葉の森の中をトレッキングしたり・・・


 


 


 


 


ペア対抗でディスクゴルフのゲームをしたり・・・

 

同点優勝!


キャンドルを作ったり・・・


 


池でサラマンダーやWater Scorpionやおたまじゃくしを見つけて、捕まえたり・・・


キャンプファイヤーの火を囲んで歌ったり、焼き芋を焼いたり・・・


メープルシュガーを採取して、作業しているシュガーハウスにも行きました。


説明を聞いた後、フロストバレーで採れたメープルシロップをいただきます。

子どもたちが参加者にメープルシロップを配るお手伝いをしてくれました!ありがとう。


夕方、湖へ行くと「あ!ビーバーだ!」

水面に少し顔を出して泳いでいました。ラッキー。


最終日に誕生日を迎えた仲間がいました。

バースデーケーキ作りをしましたが、誕生日を迎えた本人が一番よく働いていました・・・


結局、子どもたちだけでせっせと作業。大人は入れてもらえず、コーヒーを飲みながらのんびり過ごしていました。


できました〜!おいしそう。


アメリカ人のファミリーキャンプのみんなと一緒にお祝いをしました。


 


お誕生日おめでとう!


みんなでおいしくいただきました。


自然の中でたくさん遊び、動きまわり、しゃべり、笑い続けた週末でした。

家族の垣根を越えてお子さんたちに愛情を注ぎ、友情を育み、新しいことにもチャレンジしました。

キャンプは人が成長する場です。それは子どもも大人も変わらないはずです。

またキャンプで会いましょう!

| ファミリーキャンプ | 00:35 | - | -
YRM 9月活動報告(9/24)

残暑の厳しい、とても暑い一日となりました。

今年度、第1回目のYRMの活動はBBQとミニゴルフです!

 

バーベキューと言っても今回のメニューは「やきそば」です。

まずは作り方の手順を確認。


自分たちで火をつけます。


試行錯誤しつつ、バッチリ火がつきました!


順番を変わりながら炒めたり、片付けをしたり、火が消えないように気をつけたり・・・

それぞれが役割を持ちながら着々と焼きそばが完成していきます。


 


完成です!

大人は特に何もせず、ただただ美味しくいただきました。みんな、どうもありがとう!


デザートはスモアーズ!


みんなで少し森の中を歩きミニゴルフコースへ。


3グループに分かれてコースを回りました。初めてチャレンジする仲間も多く、悪戦苦闘。

時折ホールインワンが飛び出し、大喜びしていました。


ワイワイと賑やかな楽しい1日になりました。


今年度やりたいことの意見を出し合いました。

「フロストバレーに行きたい!」「Six Flagsに行きたい!」「ハイキングに行きたい!」

色々な意見がありましたが、一つずつ実現していければと思っています。

 

月に1回の活動ではありますが、同年代の仲間と友情を育みながら、新しいことにチャレンジしたり、中高生らしく適度な自由と責任感を与えながら成長を見守っていきたいと思います。

 

YRMは13歳以上であればどなたでも参加できます。

登録は無料です。ぜひご参加ください。

 

次回は10月15日です。年下の子どもたちと遠足に出かけ、一緒に遊ぶなどリーダー的役割を担います。

詳細はホームページをご覧ください。http://www.ymcatfv.org/fall/falldayprog.pdf

| Teen Program | 22:40 | - | -
セッション4 解散について

先ほど、セッション4のバスがすべて出発し、解散しました。

バスの到着予定時刻についてです。ご確認の上、お迎えのほどよろしくお願いいたします。

 

<東京バス>

10:45ごろ フロストバレー出発

13:30ごろ Westchester到着予定

15:00ごろ Queens到着予定

 

<メインキャンプバス>

マンハッタン(YAI) 

12:30ごろ フロストバレー出発

15:30ごろ マンハッタン(YAI)到着予定

 

モントクレア

11:55ごろ フロストバレー出発

14:15-30ごろ モントクレア到着予定

 

ブルックリン

11:25ごろ フロストバレー出発

15:00ごろ ブルックリン到着予定

| サマーキャンプ | 01:53 | - | -
セッション4 キャンプ12日目

今日はモーニングセッションの前に早起きをして、朝日を見に行くグループがありました。

とてもきれいな朝日が見れたようです。


最後のモーニングセッションは「バックスクラッチ」です。背中に紙を貼り、優しいメッセージを書きます。

いろいろな人からもらったメッセージはきっと大切な思い出になるでしょう。


Boys 3は2日間をかけて船を作りました。最初は人が乗れるくらいの船を作る予定だったようです・・・


湖に持って行き、ちゃんと浮かびました!


年下のグループの子どもたちは、その船を使って大はしゃぎ。


大成功でしたね。


最後のアクアティクスも存分に楽しんでいました。


 


 


 


 


 


 

これは一体なんのポーズでしょうか?


夕食前の時間は、Hussey Hang Outです。Hussey Lodgeの前にいろいろな遊びが用意してあり、東京キャンプ全体で遊びました。

リラックスコーナー


フェイスペイント


 


 


 

 


フラフープ

 


縄跳び


その他にも走り回ったり、木登りをしたり、思い思いに過ごしました。


 


夜はいよいよ最後のプログラム、クロージングキャンプファイヤーです。

一番年上のキャンパーと一番年下のキャンパーが協力して火を届けてくれました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


どのスピーチも心に響くものばかりでした。

「チームビルディングは難しかったから楽しかった。」「明日、帰ってしまったらありがとうって言えないから、その前にたくさんありがとうって言おう。」「キャンプはやさしい人ばかりだった。一緒に遊んでくれてありがとう。」「キャンプに卒業は無い。」「大きな壁があった時、あきらめて逃げるか前に進んで挑戦するか選択肢は2つある。大きな壁の本性はチャンスだと思う。だから、何か壁にぶつかったときあきらめないで立ち向かってほしい。」

 

子どもやリーダーたちから教えられることはたくさんあります。

キャンプで多くのことを経験し、いろいろな人と出会い、みんなどこか成長したような気がします。


 


 


シクシク・・・というよりは、ワンワン泣いている子どもたちがたくさんいました。

楽しかったキャンプも後1日です。最後まで笑顔で過ごせるよう気をつけて過ごしてまいります。

| サマーキャンプ | 11:42 | - | -
セッション4 キャンプ11日目

今日はスペシャリティーズ最終日です。

生活グループの仲間と離れて、自分の興味のあることにチャレンジした3日間でした。

新しいスキルを身につけたり、やりたいことに没頭できたり、新しい友だちができたり、スペシャリティーズを通してキャンプがより豊かになったのでは無いかと思います。

 

サッカー:パス練習、シュート練習、小さな練習を積み重ね、最後は試合です。


 


 


Fire Skills:自分で火がつけられるようになりました!


 


フリスビー:今日はフリスビーを使ってドッチボールをする「ドッチビー」をしました。


エンタテイメント:これは「YMCA」でしょうか?


明日、完成したミュージックビデオを見ます。


Wearable Art:きれいな模様の見本を見ながら手に描いていました。


Tシャツにプリントをして、それを自由に切ったり、編んだりしてオリジナルTシャツを作りました。


アクアティクスの時間も水は冷たかったですが、楽しく遊びました。


 


 


 


 


 


 

Yタワーは、クライミング以外にもジップラインができます。

Yタワーの上から飛び降りて、ビューンと滑り降ります。最初の一歩を踏み出すのがとても怖く勇気が必要です。


でも、その先には爽快感と素敵な景色が待っています。


応援したり、はしごを持って行き仲間を降ろす、ロープを持っていくなどみんなで協力し合うプログラムです。


フロストバレーは教育施設です。

楽しさの中に学びがある、すべてのプログラムが子どもたちの豊かな成長につながることを願っています。

| サマーキャンプ | 08:42 | - | -
セッション4 キャンプ10日目

今日は気温もぐんぐん上がり、暑い一日になりました。

午前中はスペシャリティーズといい、個人で選んだものに取り組む時間です。

エンタテイメント、サッカー、フリスビー、ファイヤースキルズ、ウェアラブルアートがあります。

写真は明日アップしますので少しお待ちください!

 

エンタテイメントは、なんとミュージックビデオ撮影のためストアの中に入れてもらいました!


どんなビデオができるのか楽しみです。


夕方はみんなで「逃走中」というゲームをしました。

テレビ番組のまねをして、ハンターがみんなを追いかけるという規模の大きい鬼ごっこのようなものです。

ハンターはみんなが持っているバナナを狙っている、という設定のためバナナの格好をしていました・・・


みんな必死でハンターから逃げます!


ところどころでミッションが言い渡されます。グループのみんなで記念撮影。


 


 


 


最後まで逃げ切れたグループ、捕まってバナナを取られたグループ、さまざまでしたがとても楽しい全体プログラムでした。

 

夜は8時ころからまた雷雨となりました。

暖炉の火をつけてデザート作りをするなど予定や場所が少しずつ変わることはありますが、楽しく過ごしています。


 

| サマーキャンプ | 10:04 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE