Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
40周年記念キャンプ(11/1-3, 2019)

先日の11月1日から3日の週末、フロストバレーYMCAでの40周年記念キャンプが無事に終了しました。アラムナイ、通常プログラム参加者、東京YMCAスタッフ、フロストバレースタッフなどを含め、67名にキャンプに参加いただきました。食事をとっていたダイニングホール内のケロッグルームもこの通り、大変賑わっておりました!



中にはとても久しぶりにフロストバレーに来ていただいた方、リーダー時代以来20年ぶり!という方もたくさんいて、久しぶりのフロストバレー、ケロッグルーム、Hussey Lodgeを楽しんでいただけたかと思います。










遠く海を越えて、東京YMCAからもたくさんの方にご参加いただきました!


パートナーシップの生みの親である本間先生ご夫妻も、もちろんご参加いただき、それぞれに以前を思い出しながら話が弾んでいるご様子でした。きっと以前はまだ幼いキャンパー、リーダーだった皆さんが大きくなって元気に過ごしている姿を喜ばれていたのではないでしょうか。土曜日の朝には、モーニングセッションのジョギングの後にお話しもいただきました。



土曜日の記念ディナーにはフロストバレーYMCA関係者も加わり85名に参加いただきました。Geyer Hallが華やかにデコレーションされていて、昔懐かしい写真スライド、キャンプソング、スピーチ、セレモニー、美味しい食事、パネルディスカッションなど盛りだくさんの内容で、あっという間の3時間となりました。


↑昔懐かしい写真をみながら話がはずみます。本間先生にご挨拶。



↑名司会!実行委員長の中村恭子さん。


↑東京-フロストバレーYMCAパートナーシップの歴史と紹介。


↑東京YMCA菅谷淳総主事からスピーチをいただきました。


↑恵美子先生からもスピーチをいただきました。





↑パートナーシップのスーパーバイザーであり、フロストバレーYMCAのCFOであるJim Tischからスピーチをいただき、その中でフロストバレーYMCAから、東京パートナーシップのミッション、また歴代ディレクターの名前が刻まれた盾が、東京YMCA、またパートナーシップの双方に贈呈され、今までの感謝とともに今後の継続、発展が祈念されました。


↑夕食前には、「ごはんの歌」、「Grace」、そして「日々の糧」を皆さんで歌い、夕食を楽しみました。



デザートには、フロストバレーYMCAのキッチンの代表自ら「Banana foster」を作っていただきました!ちょっとしたハプニングもありましたが、、目にも華やかで、アイスクリームの上にサーブされ、美味しくいただきました。



デザートをいただきながら、前方では世代を超えて参加者に集っていただき、フロストバレーの思い出をインタビュー形式で答えてもらいました。今だからこそ話せる話や思い出話、たくさんの面白いエピソードを聞くことが出来ました。

 

フロストバレーは皆さんにとって、きっと第二、第三の故郷なのではと思います。いつでも安心して集える場所、以前を思い出し懐かしみ、また明日からの活力を得られる場所ではないでしょうか。これからもフロストバレーがそういった場所であり続けられるようにと願っています。これからも皆さんとともに過ごしていけますように。引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。




 

 

| 同窓生/同窓会 | 17:50 | - | -
大人のハーフデーハイキング(10/23)

先日の10月23日(水)、大人のハーフデーハイキングに出かけました。当日は本当に良い天気で、美しい紅葉を楽しみました。すでにオレンジや黄色に色づいた木々、これから色が変わっていきそうな緑と黄色が混じったような木々など、様々な紅葉を見ることが出来ました。

今回のハイキング地はWard Pound Ridge Reservation。Westchesterエリアから北上すること30分ほどで行ける、このエリア最大級の公園です。ハイキングトレイルもたくさんあり、初級から上級まで様々なコースを楽しめます。今回は美しい景色が望めるビューポイントを含めた中級コースを歩きました。最初の内はなだらかな歩きやすい道を談笑しながらリラックスして歩きました。

その後、少し登りながらビューポイントに到着しました。疲れが吹き飛ぶ絶景で、皆さん、綺麗な景色をバックに写真を沢山とっていました。


登った後は下ります。下り坂の方が急な坂道で、転ばないように気を付けながらゆっくりと歩きました。「下り坂の方が足にきますね」「下ばかり見て景色が見れないですね」「でも下をしっかり見ましょう!」楽しく会話をしながら歩きます。

下り坂を無事に終え、その後は緩やかな道を歩きました。案内人は、綺麗に整っているMain Trailよりも少し荒れた道の方がより好みましたので、皆さんで少しワイルドな道を楽しみました。途中、巨大戦艦のような岩があったり、蜂の巣の跡を見つけたり、キツツキの音が聞こえて探してみたり、色々な自然を楽しみました。

お喋りをしながら、自然を楽しみながら、あっという間に2時間15分ほどのハイキングを終え、無事にスタート地点に戻ってきました。中級コースはなかなかハードだったでしょうか。適度な疲労感もあり、達成感を味わいました。それはそれはお腹もすきます。皆でお弁当にしました。参加者の方にレジャーシートをお貸しいただき芝生で昼食をいただきました。NY歴が長い方、最近来られた方など様々です。こういった場面での会話で色々と新しい情報が入るものですね。


今回も初めて参加いただいた方が3名いらっしゃいました。たまたま休暇でNYに遊びに来ていて、ご姉妹で一緒に参加してくれた方もいらっしゃいました。良い天気の中、NYの紅葉をお見せできて良かったです。

お子さんのお世話もありお忙しい保護者の皆さんかと思います。大人のハーフデーハイキングはそんな忙しい皆さんにホッと一息、自然の中でリラックスしてほしい、また新しいお仲間、コミュニティーを作ってNY生活を楽しんでいただきたいと思い実施しています。自然の息吹を感じる春、また紅葉美しい秋に実施しています。次回は5月。長い冬を超え、暖かくなった頃、ぜひまたご一緒しましょう。

 

 

 

| 日帰りプログラム | 18:30 | - | -
40周年リユニオンパーティー(10/19日本)

2019年10月19日(土)東京YMCA東陽町センターにて「東京-フロストバレーYMCAパートナーシップ40周年リユニオンパーティー」が開催されました。

 

第1部は初代ディレクターとしてパートナーシップの誕生と発展に貢献された本間立夫氏・恵美子氏を迎えて感謝会を実施しました。

この日のためにニューヨークから来られた本間ご夫妻に加え、遠くは香港、福島県、群馬県など日本全国からも参加者がいました。

多くの方々から懐かしい思い出が語られ、笑いにあふれた和やかな祝会になりました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

本間立夫氏の著書「当たって砕けよ!-日米のYMCAに懸けた半世紀」も販売されました。

ご希望の方はkokusai@tokyoymca.orgにお問い合わせください。


 


 

美味しい昼食をいただきながら、懐かしい仲間との会話に華が咲きました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

歴代のスタッフも大集合しました。

フロストバレーは家族で成長する場所です。


 


 


 


 


 


 

2部はリーダーやキャンパーを中心に、懐かしいゲームをしたり、自己紹介などをして交流を深めました。

世代を超えて、フロストバレーでの経験を共有しながら、楽しい時間を過ごしました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

フロストバレーのメープルシロップ、グッズの他にサイレントオークションも実施され、集められたお金は募金として用いさせていただきます。

‘米のリーダーシップトレーニングのため日本の文化紹介のためフレンドシップハウスの保存のため

また台風19号・15号の被災地支援のためにも募金が集められました。ご協力ありがとうございました。


 


 


 

1部の写真が無いのが残念です!

2部の写真だけですが、どうぞ。


 

多くの皆さんに愛され、支えられてきたパートナーシップ。

フロストバレーで育った皆さんがアメリカ、日本、世界中で活躍されていることを喜びと覚えます。

 

さて、これからの40年はどのような姿になるでしょうか。

社会は日々変化しています。社会で必要とされていることを形にしながら、家族、青少年、コミュニティが力強く成長していく場を作っていきたいと思います。そして公正で平和な社会を作っていけるようこれからも前進し続けて参ります。

 

これからも変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。

この度はご参加いただき、ありがとうございました。

| 同窓生/同窓会 | 18:00 | - | -
秋のファミリーキャンプ(10/11-14)

先週末のコロンバスデーウィークエンドに、秋のファミリーキャンプを実施しました。参加していただいたのは全部で8家族でした。偶然にも子どもたちたちの年齢が近く、4-5才のお子さんたちが8人、8-10才のお兄さん、お姉さんたちが6人、そしてお父さん、お母さんたちとたくさんのプログラムを楽しみました。期間中、毎日晴天に恵まれ、美しい紅葉を思う存分楽しんでいただきました。


金曜日は数家族がチェックイン。皆さん、お仕事が終わってからの運転、本当にお疲れ様でした。プログラムが本格的にスタートしたのは土曜日から。ハイキングに出かけたり、ポンドで生き物を観察したり、リンゴ狩りに行ったりと、それぞれにプログラムを楽しみました。


夕食時に皆さん揃いましたのでちょっとしたゲームの後、家族紹介の時間を持ちました。この頃はまだ緊張した面持ちの方も多かったですね。その後、みんなで小枝を拾いに行き、スモアーズを楽しみました。


夜にロッジを訪ねてみると、1つのロッジからは何やら賑やかな声が。なんと野球をしていました!(とても柔らかいボールを使っていました!)子どもたちの体力は底なしです。


もう一つのロッジはとても穏やかでした。女の子たちが折り紙を沢山作っていて、大人たちは暖炉の火を見てゆっくりと過ごされていました。



日曜日の朝は、7時からモーニングハイク。とても天気が良く、ちょうど日の出のころでしたので、高台に上がり、朝日がキラキと光りながら上がってくる様子を見に行きました。少しそれぞれに時間を持ち、「一番大切な、失いたくないもの」について考えてみました。みんなは何が思いついたでしょうか。



午前中は、東京プログラムとして「飛びリス」をご用意しました。子どもたちも、お母さんたちもお父さんたちも!スリル満点のロープスプログラムを楽しんでくれました。













Pull Team、お疲れ様でした!


その後、多くのご家族が「Low Ropes」に挑戦しました。ワイヤーや丸太などの上を渡るチャレンジで、そのチャレンジを周りのご家族が支えました。お互いを信頼し合い、支え合い、とても良い時間を過ごすことができました。










午後の時間は、ポニーライド、ホースバックライド、アーチェリー、ボートなどを、ご家族ごとのペースで楽しんでいただきました。



おやつタイムには、暖炉の火を使って焼きリンゴ、バナナボート作りに挑戦しました。お兄さんキャンパーが作り方を教えるのを手伝ってくれたり、お父さんたちが火のケアをしてくれたりと、たくさんのサポートをいただきました。



夕食後は、スポーツの秋!ということで、「アヒルホッケー」をしました。子どもたちも大人たちも夢中になって遊び、もう汗だく、息は切れ切れ。。お父さんたち、お付き合いいただいてありがとうございました。



夜にまたロッジに行ってみたら、またもや賑やかな野球ロッジと穏やかな折り紙ロッジ。折り紙ロッジではたくさんの作品が出来上がっており、お店屋さんになっていました。クオリティーが高く、とても驚きました!


最終日の午前中は、チェックアウトをしながら「焼き板作り」に挑戦。板を火であぶり、炭の部分を落とし、タオルで磨き、その後、ポスカでデザインをしました。トイレやお部屋の看板を作ったり、お名前を書いたり。皆さん、お土産が出来たと喜んでいただきました。



3日間を通して、子どもたちも大人たちもどんどん仲良くなっていきました。他の家族の子どもたちも、自分の子どものように可愛がっていただきました。家族の絆が強まり、また家族同士でお友達になることが出来たのではと思います。プログラムの準備や片付けもお手伝いいただき、またロッジ内も綺麗に使っていただき、本当にありがとうございました!

美しい紅葉シーズンはまだ続きますので、ぜひこの美しい自然を楽しむ時間を持っていただければと思っています。

月末には父と子のキャンプを実施します!目玉として野外料理(カレー作り)にチャレンジする予定です。またハロウィーンの時期になりますので、ちょっとだけ怖い「ホーンテッドトレイル」も用意しています。まだまだお申込み可能ですので、皆さんからのご連絡をお待ちしています!

<父と子の週末キャンプ>

http://www.ymcatfv.org/fall/fallfatherchild.pdf

 

| ファミリーキャンプ | 19:00 | - | -
秋の日帰りプログラム(10/6)

先週末の日曜日(10/6)、毎年恒例の秋の日帰りプログラムを実施しました。子どもたち8人、YRMメンバー(中高生のお兄さん、お姉さんたち)が10人、リーダー2人と一緒に、Ward Pound Ridge Reservationに行ってきました。White Plainsからバスで30分ほど北に位置するこの公園は、このエリアで最大級の広さを誇る公園です。使用したピクニックエリアは多数のかまどがあり、アウトドアクッキングに最適で、すぐそばを川が流れており、豊かな自然を感じられる場所でした。

到着後、まずは緊張気味なみんなと一緒に自己紹介や簡単なゲームをしながら過ごし、徐々に和やかな雰囲気となりました。




その後、今回のメインの一つである「具だくさんお味噌汁づくり」のためにみんなで枝拾いに行きました。みんなが拾ってくれた枝を使って、YRMメンバーたちは火起こしにチャレンジ。子どもたちは枝拾いの後、たくさんの野菜を食べやすい大きさに切ってくれました。










お味噌汁が出来上がるまでの間、子どもたちはサッカーやキャッチボール、フリスビー、バレーボールなどをしながら楽しく遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




YRMのメンバーたちの頑張りの甲斐あって、お味噌汁も完成!みんなでランチタイムです!お味噌汁はとっても美味しく出来上がり、お替りする人も多数!YRMメンバーたち、よく頑張ってくれました。




食事の後も早速遊び始め、特にバレーボールを使ってトスをし、10回続くまで頑張ろう!と意気込み、みんなで挑戦しました。また時折ボールが川に入ってしまい、、そのボールの救出作戦に取り組むなど、みんなで協力する場面がたくさんありました。





その後、「だるまさんが転んだ」や「キャプチャーザフラッグ」などのゲームをみんな一緒に遊び、あっという間に帰らないといけない時間に、、


まだ遊びなりなそうな様子でしたが、11時から3時まで、自然の中でたくさん体を動かして、美味しいお味噌汁も作れて食べれて、大満足の一日だったと思います。YRMメンバーたちは前日の準備会から参加し、当日も全体の前での司会進行やクッキングのサポート、子どもたちの遊びのサポートと大活躍でした。少し疲れた様子でしたが、きっと良い体験になったと思います。

秋のプログラムはまだまだ続きます。秋のファミリーキャンプ、父と子のキャンプもまだお申込みいただけます。

<ファミリーキャンプ>http://www.ymcatfv.org/fall/fallfamily.pdf

<父と子のキャンプ>http://www.ymcatfv.org/fall/fallfatherchild.pdf

ぜひ、皆さんとまたお会いできることを楽しみにしています。

 

中高生の皆さんはYRMへの登録もお待ちしています!http://www.ymcatfv.org/yrm/

| 日帰りプログラム | 15:00 | - | -
セッション4 12日目(更新しました-2)

スペシャリティーズもいよいよ最終日。

「やったことが無いから選んだ」「好きだから選んだ」みんな様々な理由でスペシャリティーズを選んでいました。

 

自然/ハイキングのみんなはたくさん歩きましたね。


 

JSLのみんなは先生と一緒にたくさん日本語を勉強しましたね。


 

毎日、授業の最後に行っていた「カルタ」の初代チャンピオン。


 



ランチの後に新聞と音読の発表をしました。



 

クッキングのスペシャリティーズは、作っている過程を見ると・・・なかなかワイルドですね。


 


 


 

完成した料理は美味しそう!(実際、とても美味しかったそうです。)

この日は、Iron Chef。2グループに分かれて料理対決です。


 


 

おうちに帰っても料理を楽しんでくださいね。


 

Arts & Craftは、自然を使ってオリジナルシール作りをしました。


 

先ほどクロージングキャンプファイヤーが終了しました。

涙・涙・笑い・・・キャンプでの思い出をみんなが話してくれました。

このキャンプに友だちと一緒に参加した子どもたちもいれば、一人で参加した子どももいます。
YMCAでは、新しい友だちをたくさん作ってほしいと願っています。

 

ちょっとしたことで喧嘩をしたり、リーダーから叱られたり、ホームシックで泣いたり、キャンプでは日常生活には無い様々なことを経験します。

それでもみんながいるから楽しい。そう思えるのも2週間一緒に過ごして、様々な経験を一緒にしたからでしょう。

 

子どもたちが多様な人たちと友情を育み、豊かに成長していくことを願っています。












 









 


 

クロージングキャンプファイヤーの様子をお届けします。

一番年上のキャンパーと一番年下のキャンパーがトーチを持ち、火をつけてくれました。


 

それぞれのグループのみんなが素敵なスピーチをしてくれました。


 


 


 


 


 

お誕生日を迎えたお友だちをお祝いしました。おめでとう!


 


 

| サマーキャンプ | 12:00 | - | -
セッション4 解散について

サマーキャンプセッション4にご参加の皆さん

 

ブルックリンバスも渋滞につかまり、到着は4時半ごろになりそうとのことです。

今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。

 

| サマーキャンプ | 16:20 | - | -
セッション4 解散について

サマーキャンプセッション4にご参加の皆さん

 

フロストバレー全体でインターネットがダウンしており、更新が遅くなり失礼しました。

 

Manhattanバスは12:45頃にキャンプ場を出発しました。到着予想時間は3:15頃とのことです。

Brooklynバスは1:00頃にキャンプ場を出発しました。到着予想時間は4:00頃とのことです。

Montclairバスは1:20頃に出発しました。到着予想時間は3:50頃とのことです。

 

お迎えのほど、よろしくお願いいたします。

 

東京バスは予定通り、順調に運行しております。

 

| サマーキャンプ | 13:40 | - | -
セッション4 解散

サマーキャンプ2019 セッション4ご参加の皆さん

 

本日、サマーキャンプセッション4が無事に解散を迎えました。体調不良や擦り傷や切り傷など、小さい怪我等はありましたがが、安全が守られキャンプを実施できたことを嬉しく思います。ご自宅にお戻りになるまで、安全が守られますよう願っています。お子さんがお戻りになりましたら、ぜひキャンプの思い出をたくさんお聞きいただければと思います。

 

解散についてお知らせいたします。

WestchesterおよびQueensに到着します東京バスですが、11:10にキャンプ場を出発いたしました。到着予想時間は以下の通りです。

Westchester → 1:25〜1:55

Queens → 2:25〜2:55

また情報が入り次第、ブログにてお知らせいたします。ご確認の上、お迎えをお願いいたします。

 

Manhattan、Brooklyn、Montclairに向かうバスについては、バスの到着が遅れ、まだキャンプ場を出発していません。出発しましたらブログにてお知らせしますが、各バス、1時間あるいはそれ以上の遅れが予想されます。ブログを確認いただきながら、お迎えをお願いいたします。

Manhattan → 3時以降

Brooklyn → 4時以降

Montclair → 3時以降

 

よろしくお願いいたします。

 

 

| サマーキャンプ | 12:15 | - | -
セッション4 9-10日目

午前中は、スペシャリティーズです。
JSL、Arts & Craft、エンターテイメント、クッキング、自然/ハイキング、ファイヤースキルズ、フリスビー

 

 

 


 



 

 

 

 

 

 



それ以外の時間では、様々なアクティビティに参加しています。
2週目に入り、アメリカ人の同年代のキャンパーと一緒に料理対決をしたり、すいか割りをしたり、交流を深めています。


 




 

キャンプ場全体を使った鬼ごっこ(シーバータグ)、キャンドルメイキング、ジャイアントスイング・・・

個人のチャレンジもあれば、みんなで協力しなければいけないこともたくさんあります。


 


 


 


 


 


 


 

デザート作りも自分たちで枝を拾って、火を作ってから。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

せっかくキャンプにいるので、キャンプでしかできないことをたくさんしていきたいと思います。

自然の中で、仲間と一緒に体をたくさん動かし、新しい経験や発見をして自信や達成感を感じてほしいと願っています。

 

明日も良い一日になりますように。

| サマーキャンプ | 23:00 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE