Blog TFYP

東京−フロストバレーYMCAパートナーシップ公式ブログ
YRM週末キャンプ(3/30-4/1)

先週末の金曜日から日曜日、YRMのみんなで週末キャンプに出かけました。ちょうど春休みということもあり補習校もお休み。通常はディキャンプ、長くても1泊のYRMとしては珍しく、ゆっくり過ごせた2泊3日のキャンプでした。参加してくれたのは元気なティーンズたち13人。男子10人、女子3人という何とも言えないバランス(最近、男子が多い・・)でしたが、楽しく賑やかに過ごしました。

今回宿泊したのは、いつものフロストバレーのメインエリアではなく、イーストバレーに宿泊しました。大きな一つのロッジにダイニングホール、素敵なリビングルーム、また宿泊する部屋もあり、こじんまりとしたとても静かなキャンプ場でした。イースターの週末であったこともあり、私たちの貸し切りで利用させてもらえ、とても快適に過ごせました。


金曜日、キャンプ場に到着したあとは、自己紹介の時間を持ち、その後、Sardineというかくれんぼのようなゲームをしました。1人だけが隠れ、その人を残り全員で探し、見つけたらイワシの群れのように隠れていた人に群がって隠れます。見つけた人が増えて群れになっていけば、探す人はどんどん減っていきます。隠れる場所にも工夫していましたし、見つけるのが最後にならないように、夢中になって探していました。「次、最初に隠れたい!」と、どんどん声が上がり、あっという間に夜が更けていきました。

翌日、とても気持ちの良い天気の中、朝を迎えました。朝食後、ハイロープスコースにチャレンジしました。それぞれ命綱をつけ、足がすくむような高さのロープスコースにチャレンジしました。とても寒かったので、手がかじかむ中でしたが、2人組でスタートし、お互いを励ましながら、相談しながらチャレンジする姿が見られました。





土曜日のお昼ご飯は、野外料理!定番ですが・・カレー作りを行いました。2つのグループに分け、それぞれオリジナリティー溢れるカレーを作ってくださいとテーマを与え、スパイスを加えたり、果汁を加えたり、野菜を星型に切ったりなど、様々な工夫が見られました。苦戦をしたのは火付けでした。何といっても外は雪!雪の中、野外炊事をしたのは初めてです・・日差しは暖かく、寒くはありませんでしたが、火をつけるのにはみんな大変苦戦していました。






スタートしてからなんと2時間半!ついに美味しいカレーが出来上がりました。みんな、よく頑張りました!




昼食後はバスでフロストバレーまで移動し、メイプルシュガーハイクに出かけました。この時期は楓の木から樹液が一番出てくる時期で、その原液を長時間加熱することで、ご存知、フロストバレーで購入できるメイプルシロップが出来上がります。原液は水のように透明でサラサラですが、よく味わってみるとほんのり甘味を感じました。約40ガロンの原液から、出来上がるのは1ガロンのメイプルシロップ!メイプルシロップの希少性もさることながら、作業の大変さも感じます。






イーストバレーに戻り、夜はスタンツ大会!それぞれ、与えられたテーマにそって寸劇を作ってもらいました。テーマは、「Frozenのアクアティクス」「Star warsのスリープアウト」「Harry Potterのモーニングセッション」。難題だったと思いますが、準備の時間も含めて、笑い声が絶えず、それぞれの個性が光った時間でした。




夜のディボーションでは、それぞれこのキャンプで楽しかったことを聞いたり、YRMについて思うことをシェアしました。彼らにとって、YRMがとても大切な場所であること、良い仲間を作ることが出来ていること、将来に役立つ体験を出来ていることなど、それぞれの思いを聞くことが出来ました。


最終日は、イースターサンデーにちなんでエッグハント、またKan-Jamというフリスビーを使ったゲーム、そしてかくれんぼをしました。エッグハントでは、2つのチームに分かれ、1つのチームが隠した卵をもう1つのチームが探しました。隠す場所も中高生ならではの工夫が見られました。見つけた卵からは心に染みるメッセージが入っていました。みんな大切にしてくれると嬉しいです。



Kan-Jamは、中高生だからこそ楽しめるフリスビーゲームでした。次第に上手くなっていく姿にはびっくりさせられました。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん遊んだ2泊3日。その中でも、それぞれの新しい一面が発見できたり、それぞれの良いところにスポットライトが当たったり、それによってよりお互いを知り合える時間になったのではと思っています。

今年度のYRMも残すところ、あと3回。4月はホワイトプレインズの桜まつりのお手伝い、5月には子どもたち対象のディキャンプのお手伝い、またハリソンのお祭りのお手伝いをします。

中高生時代にできた仲間は、それこそ一生つながっていける仲間となります。ご興味がある方はぜひご連絡ください!


 

| Teen Program | 02:55 | - | -
東日本大震災復興支援ベイクセール(3/11)

2011年3月11日に東北地方で大地震が起きて7年が経ちます。未曾有の大災害に多くの人が大切なものを失いました。

東京YMCAは石巻市にセンターを設置し、スタッフを派遣し、地域に根ざした長期的な支援を続けてきました。

また、企業と協賛しリフレッシュキャンプをこれまで40回以上開催しました。http://tokyo.ymca.or.jp/support/sien.html

2018年2月のリフレッシュキャンプ


 


安心できる場所で多様な人が出会い、自然の中でのびのびと過ごすことで生きる希望や力が沸いてくる、そんなリフレッシュキャンプが果たす役割は大きく、毎回たくさんの方が応募してくださいます。

東京YMCAでは他にも様々な支援をしていますが、必要な支援を続けるために東京パートナーシップでは募金を集めることにしました。毎月集まっている中高生の定例活動(YRM)の仲間と一緒にベイクセールを実施しました。


前日(3/10)に集まり、大人のボランティアの力を借りながらクッキー作りに挑戦です。


5種類のクッキーを作りました。

プレーン、黒ゴマ、ココア&マシュマロ、抹茶&チョコ、きなこ&レーズン


完成したクッキーは袋詰めされ準備完了!


 


とても手際よく、上手にできましたね!


3月11日は2時から5時までクッキーとおみくじの2つで募金を集めました。

日本人だけでは無くアメリカ人もたくさん足を止めて話を聞いてくれました。


 

 

 

とても寒い1日でしたが、565.46ドルの募金が寄せられました。

 

2日間参加してくれたYRMメンバー、クッキーを朝から準備して指導もしてくださった大人のボランティアの皆さん、場所だけでは無くたくさんの差し入れをくださったおいしんぼさん、募金に協力してくださった皆さん、すべての皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。大切に活用いたします。

| Teen Program | 22:15 | - | -
ワンデースキープログラム(3/4)

3/4(日)に今シーズン最後のスキープログラム、ワンデースキーを実施しました。

10家族(子ども15人)27名の皆さんと楽しくスキーを滑りました。


 


 


 


2日前の吹雪の影響で、雪は多く、ゲレンデコンディションはとても良かったです。


初心者の子どもたちも転ばずスピードをコントロールしながら滑り降りるまで上達しました。

「次はゴンドラに乗るぞー!」と決意を表し、ゴンドラ乗り場の前で記念撮影。


 


スキー場は降りたての雪を求めて多く人が来ており大混雑!

リフトに乗るにもゴンドラに乗るにも長蛇の列ができていましたが、リーダーたちと楽しくおしゃべりをしながらレッスンに取り組みました。

 

スキーは「やってみたらできた」「やればできる」と自分に自信が持てるようになったり、「もっと上手くなりたい」と向上心や挑戦する気持ちが生まれるなど子どもたちの心身の成長につながるとても良いスポーツです。

子どもたちの安全を守り、成長を導くのはトレーニングを受けたリーダーたちです。

この冬、アメリカ・日本の両方から多くのリーダーたちが参加しました。

彼らも子どもたちの成長する姿に感動し、多くのことを学びました。

 

これにて今シーズンのスキープログラムはすべて終了いたします。

また美しい雪の世界で皆さんとお会いできますことを楽しみにしています。

| 日帰りプログラム | 05:01 | - | -
2月ファミリーキャンプ

2月23日(金)から25日(日)の週末にかけてファミリーキャンプを実施しました。

初めての家族、リピーターの家族、合計7家族で楽しい週末を過ごしました。

 

スキーが初めての子どもたちも初日にリフトに乗り、転ばず滑り降りるまで上達しました。


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スキー経験のある子どもたちはリフトやゴンドラに乗り、スピードを出す、ターンをしながら滑るなどの練習を繰り返しパラレルを目指しました。


 


 


 


 


スキー2日目は前日の雨によりゲレンデコンディションが荒れており、グリーンコースしか滑ることができませんでした。

それでも子どもたちの「滑りたい!」という気持ちは強く、ほっぺたを真っ赤にしながら楽しそうにスキーをしに出かけていきました。


 


 


 


みんな上手になりましたね。たくさん滑ることで滑走感覚が磨かれ、安定感が増します。

これからもたくさん滑ってかっこいいパラレルを目指しましょう!

ファミリーキャンプはスキーに行かなくてもフロストバレーに残って楽しいプログラムに参加することもできます。

クライミング、アーチェリー、ガガボールなどさまざまなアクティビティでたくさん体を動かしました。


 


食事をするダイニングホールはみんなが集まる場所です。

談笑したり、遊び始めたり・・・家族同士が交流したり、子ども同士が交流したり、人と人が混ざり合う場所です。

初めて出会った人たちもいつしか仲良くなるのがキャンプの不思議です。その陰には、リーダーの存在があったかもしれません。

人と人をつなぎ、友情を育むお手伝いをするのもリーダーの役割です。


 


 


 


 


今回のファミリーキャンプには8人のリーダーたちが参加しました。

東京、京都、熊本、千葉・・・日本全国からやってくるリーダーは全員がボランティアです。

リーダーたちはアメリカで文化と文化の狭間で暮らす子どもたち、家族との出会いを通して多くのことを学びました。

彼らの豊かな成長も願って、YMCAでは青年育成にも力を入れています。

2日目の夜は歌を歌ったり、ゲームをしたり、お楽しみナイトです。


 


 


家族対抗ゲームも。家族で知恵を出し合ってがんばりました。


 


 


大人対子どものジェスチャー対抗戦!これは一体なにをしているところでしょうか。


結果は9対6で子どもチームの勝利!とても面白かったですね。


最後はみんなで木とリスになって遊びました。


 


家族の温かい雰囲気に包まれて、無事に終了しましたこと感謝を持ってご報告します。


今回はあまり天気に恵まれませんでしたが、また季節を変えて美しい自然の中で皆さんとお会いできますことを心から楽しみにしています。

ありがとうございました。

| ファミリーキャンプ | 01:16 | - | -
2月スキーキャンプ解散について

2月スキーキャンプ参加の皆様

本日、大きな怪我もなく、無事にスキーキャンプが終了しました。ご家庭でご心配もあったかと思いますが、子どもたちは元気に5日間を過ごし、キャンプソングを歌う声もどんどんと大きくなり、個々のつながりからスタートした関係性も、グループの輪、キャンプ全体の輪と広がりを見せていきました。ぜひ子どもたちからキャンプ中の様子をお聞きいただければ幸いです。

キャンプ中に撮影した写真は、後日、Webにて閲覧、ダウンロード、購入いただけます。アクセスの方法はまた後日にお知らせします。またグループの様子、スキーレッスン中の様子などは、報告書として後日郵送いたします。

 

バスの解散についてお知らせします。

大型バスは、渋滞や路面の状況により、30分ほど遅くフロストバレーを出発いたしました。

おおよその解散時間は以下のようになります。ご確認いただき、お迎えをお願いいたします。

・ウェストチェスター=2時半〜2時45分頃到着予定

・クイーンズ=3時半〜3時45分頃到着予定

・ブルックリン=4時半〜4時45分頃到着予定

 

また子どもたちに会えることを楽しみにしております。ご参加ありがとうございました!

| スキーキャンプ | 02:42 | - | -
2月スキーキャンプ 4日目

今日は一日中30F前後で、冬らしい気候でした。

朝から小雨が降っていましたが、午前中のうちに雪へと変わりました。

予定通りスキーへ出発したのですが、フロストバレーへ戻る道路が危険なため午前中でレッスンを終了し早めに戻りました。

誰もがガッカリし、残念がっていました。もっとたくさんスキーをしたかったですね。


 


 


 


 


 


 


スキーの仲間との時間も楽しい思い出。

またみんなでスキーをしましょう!


 


みんな大きな怪我もなく、元気に過ごしています。


戻って昼食を食べた後はフロストバレーで巨大な雪だるまを作ったり、アヒルホッケーをしたり、ココアを飲みながらお喋りをしたり、帰る準備をしたり・・・ゆったりと子どもたちのやりたいことを聞きながら過ごしました。


 


 


 


みんなと食べる食事の時間もワイワイガヤガヤ。


 


 


 


 


 


明日はいよいよ帰る日です。

子どもたちから「新しい友だちができてうれしい」「スキーが楽しかった」「チームワークができた」「帰りたくない」色々なことばが聞こえてきます。

 

最後まで安全に気をつけて限られた時間を大切に過ごしてまいります。

 

フロストバレーへの道は除雪されていますが、どうぞ安全運転でお越しください。

バス停へのお迎えもよろしくお願いします。

| スキーキャンプ | 14:22 | - | -
2月スキーキャンプ 3日目

今日の天気は曇り時々晴れ。スキー場の最高気温は65Fでした。

昨日の経験を活かし、服装にも注意して出発しました。

 

暑くても怪我を防ぐために長袖、手袋の着用は必ず守るように注意しました。

リーダーは子どもの課題を見つけ、レッスンを組み立てていきます。


 


 


 


 


 


 


 


生活のグループとは異なり、新しいスキーの仲間とも絆を深めています。


 


 


 


 


 


 


子どもたちは自分のレベルをとても気にします。そして周りの仲間と比較することもあります。

「僕/私はレベル何?上のレベルに行ってもいい?」そんな会話も聞こえてきます。

スキーは何よりも自分の技術に合ったグループにいることが大切です。上や下、という基準では無いことを伝えますが、やはり気になるようです。

周りの仲間に刺激を受け切磋琢磨して上達をすることも大切ですが、他人と比べるのではなく昨日の自分よりも少しでも成長できたと感じられると良いなと思っています。


 


 


 


 


 


 


 


 


夜のグループタイムでは同年代の男女グループが合同でゲーム大会やスモアーズをしました。

スキーで体力を使ったはずなのですが、ボーイズグループは夜もアヒルホッケーで汗を流しました。

みんな元気です・・・

 

キャンプが進むにつれて、言葉遣いが悪くなり始めたり、リーダーの話を聞かなくなるなど気になることも増えてきました。

その一方で仲間の良いところを見つけて伝えたり、困っている誰かがいれば助けるなど相手を思いやる場面も増えました。

キャンプは子どもたちが成長する場所です。

すべての場面を真摯に向き合い成長につながるよう、残りの日々をみんなで協力しながら過ごして参ります。

 

明日は雨混じりの雪が降る予報になっています。

安全を最優先して進めてまいります。明日も良い一日になりますように。

| スキーキャンプ | 14:01 | - | -
2月スキーキャンプ 2日目

本日の天気:曇り時々晴れ。朝から気温が高く、最高気温は60Fを超えました。

朝は、7:15AMのモーニングセッションから始まります。

今日はペアを作ってストレッチ体操をしました。


 


しっかりと体が伸び、目が覚めたところでスタッフ・リーダーからのお話です。

キャンプは特別な場所、必ず終わりがやってくるキャンプ中に色々なことにチャレンジしてほしい、という話がありました。

スキー、日本語、新しい友情を育むことなどキャンプにはたくさんのチャレンジが用意されています。リーダーたちは一人ひとりの挑戦やがんばりを応援したいのでぜひ目標を教えてくださいね。


今日は朝からスキーへ出かけましたが、スキーの写真は撮れませんでした・・・申し訳ありません!

初心者のキャンパーも全員リフトに2回以上乗りました。

春先の雪のように重く、水たまりもところどころできているような状況でしたが、上手に滑っていました。

とにかく暑く、みんな汗をかき、疲れやすかったので休憩も多めに取りながらレッスンに取り組みました。


スキーはスポーツです。夕食はお腹も空いていたのか、スパゲティミートソースを何度もおかわりしてモリモリ食べていました。

キャンプに慣れてきたこともあり、元気な声が響き渡って楽しい食事の時間になっています。

夕食後はグループタイムです。

キャンドルメイキングをしたグループはペアを作り、自分のためではなく相手のためにもキャンドルを作りました。


 


 


暖炉に火をつけてスモアーズを食べるグループも。

自分で作ったスモアーズは甘くて美味しいですね。


 


 


 


 


 


 


 

星がきれいに見えます。

明日も気温が高くなりそうですが、安全に気をつけながらスキーが上達するようレッスンを行ってまいります。

みんなの成長がとても楽しみです。

| スキーキャンプ | 13:46 | - | -
2月スキーキャンプ 1日目

小雨が降る中、2月スキーキャンプが始まりました。
59名のキャンパーがフロストバレーに集まりました。

バスに乗っている子どもたちはフロストバレーの門が見えると「イエー!」と大きな声で歓声があがりました。

キャンプに来たことのある子どもも多く友だちとの再会を喜んでいました。


 


 


 


 


 


 


キャンプには2人のCITが参加しています。

サマーキャンプのCITトレーニングで学んだことをスキーキャンプでも活かし、リーダーをサポートします。


 


 


 


 


 


夕食後は、オープニングゲーム大会です。

声を出したり、仲間と協力をしているうちに笑顔が見られるようになりました。


 


 


 


 


 


 


 


 

 


 


 


 


間にリーダー、スタッフによる自己紹介もありました。

キャンプを表と影の両方から支えるプログラムリーダーとスタッフチームは、オリンピックのアイススケート選手、実況中継、コーチ、元金メダリストという設定で寸劇をしました。


名前を早く覚えて仲良くなりたいですね。


とても元気ですが、話を聞くときは静かに聞いています。けじめをつけながら過ごしたいと思います。

夜になると「寝れない・・・」という子どももいましたが、リーダーが隣にいるとすぐに眠りにつきました。

逆に高学年の子どもたちは、話が尽きずなかなか眠りにつかずリーダーに注意されながらようやく静かになりました。

 

初日は気持ちがどこか落ち着かないかもしれませんが、キャンプが安心できる場所で楽しく過ごせるよう、みんなで協力しながら過ごしてまいります。

| スキーキャンプ | 13:37 | - | -
ワンデースキープログラム(2/4)

先日の2月4日(日)、1月に引き続き、中高生対象のワンデースキープログラムを実施しました。参加してくれたのは、9人の中高生、また4人の高校生ボランティアがリーダーとして参加してくれました。


 

当日は朝7時に集合。少し眠そうな表情も見えましたが、バスに乗り込み出発するととても賑やかな声が聞こえてきました。今回スキーをしたのは、「Catamount」というスキー場。ホワイトプレインズから真っすぐ約2時間ほど北上した、マサチューセッツ州とニューヨーク州の州境に位置するスキー場でした。初級者から上級者まで楽しめるトレイルがあり、自然にできた起伏が多く、刺激的なトレイルを楽しめました。天気予報は、3PM頃から雨・・ちょっと心配しながらスキーレッスンをスタートしました。

スキー初級者の2名は、グリーンコースを中心として滑走し、久しぶりのスキー、また新しいスキー場のトレイルに慣れていきました。午後には長いブルーコースにも挑戦し、少しずつ上達するスキーを実感しているようでした。



 

上級者はブルーコース、またブラックコースに積極的にチャレンジし、コースの途中であまり止まることなく、長い距離をたくさん滑りました。起伏が多いコースでは、状況に対応する能力が必要になりますので、広い視野を持って滑るようにアドバイスしたり、急な斜度のコースでは、しっかりとスピードコントロールをしながら滑るように伝えました。人気があったのは緩中斜面のロングコース。プレッシャーなく、スピードを出して長く滑れるのが良かったそうです。


 




 

午後になり、雪がかなり強く降ってきました!初級者グループ、上級グループともに少し早めのアップとしました。

いつも使用しているスキー場よりも30分以上近いスキー場であったため、滑走時間を1時間以上多くとることができ、ワンデースキーながら、かなり滑れた印象でした!





 

中高生のワンデースキーは、これで終了。3月からの中高生活動(YRM)はホワイトプレインズ近郊に活動場所を移します。5月まで、月に1回程度集まって活動しています。ご興味がある方は、以下のURLをご覧ください。

<ティーンプログラム(YRM)>

http://www.ymcatfv.org/yrm/

3月には、今シーズン最後のワンデースキープログラムがあります。ファミリー対象のワンデースキープログラムで、子どもたち対象にスキーレッスンを実施しています。以下、URLをご覧いただき、ぜひお申込みくださいませ。

<ワンデースキー(3/4)>

http://www.ymcatfv.org/winter/onedayski.pdf

またサマーキャンプの申し込みも随時受付中です!2月末までの申し込みで早期割引も適応されます。各所でサマーキャンプ説明会も実施していますので、ぜひご参加ください。

<2018サマーキャンプ>

http://www.ymcatfv.org/summer/

<サマーキャンプ説明会>

http://www.ymcatfv.org/summer/summersetsumei.pdf

| 日帰りプログラム | 02:01 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE